SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google、「ショッピング キャンペーン」に入札単価シミュレーション機能を追加

 昨年、Googleが導入を開始した「ショッピング キャンペーン」は、Googleで商品を管理、宣伝する小売業者向けのツール。このキャンペーンを利用すると、AdWords の管理画面で商品の在庫を直接確認し、商品リスト広告の運用、入札、レポート作成を効率的に行うことができる。

 ショッピング キャンペーンは今年2月に正式リリースされ、商品リスト広告のすべての利用者が利用できるようになった。3月にはAdWords API のサポートが開始され、大規模キャンペーンの効率的かつ柔軟な管理を実現している。

 Googleは今回、ユーザーの意見をもとに、ショッピング キャンペーンのアップデートを実施。「入札単価シミュレーション」では、入札単価を変更した場合に、広告の表示回数、クリック数、費用がどのように変動するのかを予測することができる。

 ショッピング キャンペーンの新規作成時に、従来型の商品リスト広告キャンペーンをもとに同様の商品ターゲット、除外キーワード、プロモーション テキストが作成可能になったほか、上級者向けの機能として複数の広告グループの作成にも対応。

 Googleはショッピング キャンペーンの機能強化を進めるため、従来の商品リスト広告キャンペーンはサポートを終了すると発表。2014年8月終盤までにショッピング キャンペーンへのアップグレードを済ませるよう呼びかけている。

【関連記事】
日本でも「Googleショッピング」の検索結果を「商品リスト広告」ベースの商用モデルへ移行
グライダーアソシエイツ「Antenna」、スマホ向けECサービス『Antenna ショッピング』スタート
ロックオン「EC-CUBE」、日本郵便「ゆうびんポータル」と連携へ
EC&動画サイトはスマホへシフト、20代・30代ではスマホからのネット利用がPCを上回る
Yahoo!ショッピングがAPIを約50本公開、7月には「注文系API」も

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/04/03 16:00 https://markezine.jp/article/detail/19616

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング