SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

データアーティスト、LPOツール「DLPO Act」にDMPを活用した学習エンジンを搭載

 データアーティストは、4月14日、LPOツール「DLPO Act」の最新バージョンの提供を開始した。

 企業が自社で蓄積している顧客情報やプロモーション活動の中で得られるデータを有効活用すべく、昨年からDMPの導入が進んでいる。現在、DSP等の広告配信の改善に主に活用されているが、今後はその発展としウェブサイト改善への活用が期待されている。

 しかし、ウェブサイトにおいて、DMPで取得・生成するデモグラフィック、サイコグラフィックといった業界共通で汎用的なセグメントをそのまま活用する形では、広告主の業種毎に異なるユーザーインサイトに応えるマーケティングメッセージに最適化する事ができず、ターゲティング効果が限定されるという課題があった。

 このような課題を踏まえ、同社は業界共通で汎用的なDMPのセグメントを、業界毎のユーザーインサイトに基づいたセグメントに変換する学習エンジンを搭載した最新バージョンの提供に至った。

【関連記事】
フリークアウト子会社、オーディエンスデータをデータアーティスト社のLPOと提携
DA、東大とマーケター視点のコンテンツ改善LPOフレームワーク構築共同研究を開始
Platform ID、「Xrost DMP」とデータアーティスト「DLPO」を連携
アイオイクス、新会社「データアーティスト」設立~DLPO事業を移管へ
京セラコミュニケーションシステムの「デクワス.DSP」とadingoのDMPが連携スタート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/04/14 15:15 https://markezine.jp/article/detail/19701

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング