SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

IBM、顧客体験の向上を支援する統合プラットフォーム「IBM ExperienceOne」を発表【Smarter Commerce Global Summit2014】

 IBMが主催するSmarter Commerce Global Summitは企業の経営企画、事業戦略、マーケティング/営業責任者、物流部門責任者や同社のビジネス・パートナーが一堂に介するグローバルカンファレンス。今年の参加者は4000名を超えジェネラルセッションとブレイクアウトセッションをあわせ150以上のセッションが3日間にわたって開催される。ソリューションセンターと呼ばれる展示会場も併設され、IBMと同社のビジネス・パートナーが提供する最新のソリューションに触れることもできる。

 今回のイベントでIBMが掲げているテーマは「moments matter」。直訳すると「その瞬間が大切だ」というような意味合いとなるが、このテーマの背景にはマーケティング環境の変化により、顧客接点の拡大化への対応がマーケティング上の重要課題となっているが、この課題を人力で対応することは現実的に難しく、データを駆使してリアルタイムでの課題解決を目指していくことが重要だというメッセージが込められている。

 初日の基調講演はIBMのエグゼクティブたちに加え、Abercrombie & Fitch(アバクロンビー&フィッチ)、メキシコの大手銀行Banorteのキーマンが次々に登壇した。最初のプレゼンテーターとして登場したのはIBM インダストリークラウドソリューションズ ゼネラルマネージャーのクレイグヘイマン氏。

 同氏は今後のマーケティングを占うキーワードの1つである「エンゲージメント」について次のように語った。「顧客接点の多様化が進む中、よりよい顧客体験(エンゲージメント)を提供することが求められているが、それぞれの顧客に対して人手で対応することは不可能だ。顧客に対してきめ細かい対応をするにはテクノロジーを利用することが有効。テクノロジーは顧客体験を向上させるという新たな役割を担う状況となっており、その流れは日々加速している」

 続いて、IBM ソフトウェア&クラウドソリューショングループ シニアバイスプレジデントのロバート・ルブラン氏からはマーケティングプラットフォーム「IBM ExperienceOne」のリリースが発表された。マーケターの頭を悩ませている顧客接点の最適化がこのプラットフォームを活用することで対応可能になるという。

 「IBM ExperienceOne」はソフトウェアとサービスのフルパッケージのソリューションだ。IBM研究所がこれまで開発・研究してきたテクノロジーに加え、スターリングコマース(Sterling Commerce)、ティーリーフ(TeaLeaf)、コアメトリクス(Coremetrics)、ユニカ(Unica)、デマンドテック(DemandTec)、エクスティファイ(Xtify)に加え、直近ではクラウドによるマーケティング・オートメーションサービスを提供するシルバーポップ(Silverpop)といった買収済みのサービス群の統合パッケージソリューションとなり、IBM Interactive Experience チームがコンサルテーションや導入の支援をしていく。提供形態はクラウドかオンプレミスを選択できる。

 発表に際しルブラン氏は「IBMがこれまで培ってきたテクノロジーと買収したサービス群の集合体である『IBM ExperienceOne』は、すべてのタッチポイントでの顧客体験の向上を支援する」と主張し会場の聴衆を沸かせた。

【関連記事】
日本IBM、「ITインフラ調達支援プログラム」スタート~中小企業の新たなIT投資を支援
フコク生命、IBMの苦情判別自動化システムで業務量を90%削減
IBM、Silverpopを買収~顧客エンゲージメント支援を強化
オージス総研、ビッグデータの予測分析を支援する「IBM SPSS」提供開始
IBM、1億ドルを投資し、戦略・データ・デザイン融合のコンサルティングを展開、世界10か所にラボ設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/05/15 17:20 https://markezine.jp/article/detail/19966

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング