MarkeZine(マーケジン)

記事種別

オージス総研、「R」をビッグデータに対応させたRevolution Analytics製品を提供

2014/05/15 11:55

 オープンソースのプログラミング言語「R」は、基本的な統計解析から機械学習など高度な解析に至るまで、幅広く活用されている。その一方で、基本的にメモリー上にロードできるデータ量しか扱えない、複数CPU/コアが最大限に活用できないなどの制約もある。

 米Revolution Analyticsの製品「Revolution R Enterprise」は、メモリー量を大きく超えるようなデータ処理や、複数CPU/コアでの並列処理の最適化がなされており、高速かつ効率的な処理を実現。並列分散処理基盤Hadoopと組み合わせてビッグデータに対応することもできる。

 オージス総研は、Revolution Analytics社と販売代理店契約を締結し、Revolution製品の販売を開始。「R」とRevolution製品についてのトレーニングも提供する。

【関連記事】
オージス総研、ビッグデータの予測分析を支援する「IBM SPSS」提供開始
Tableau、「R」を統合、エンタープライズ機能を強化した「Tableau 8.1」リリース
Hadoop技術の米MapR、日本法人を設立
サイトコア、ビッグデータのマーケティング活用を実現する「Sitecore Experience Platform」
VOYAGE GROUP、アドテクノロジー分野のビッグデータ活用で東工大と産学連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5