SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフー、イー・アクセスの株式取得中止へ

 2014年3月27日、ヤフーがソフトバンクからイー・アクセスの株式を取得することが発表された。しかしながらその後、ヤフーとソフトバンクで協議を重ねた結果、本日5月19日、ヤフー取締役会において株式の取得を中止することが決議された。

 ヤフーがイー・アクセスを子会社化して自らインフラを手がけるよりも、ヤフーはサービス、イー・アクセスはインフラというそれぞれの強みを生かした協業の形で事業を進めていくことが望ましいとの結論に至った。イー・アクセスとウィルコムは2014年6月1日を効力発生日として合併を行う予定であり(合併後の新会社を以下、新会社)、新会社の社名については、後日ワイモバイルに変更する予定。

 ヤフーはヤフーのサービスを組み込んだ商材を新ブランド「Y!mobile」の名称で新会社と共同して展開していく。また、ヤフーにおいては「Y!mobile」で実施する各種取り組みをソフトバンクモバイルで展開することも視野に入れてソフトバンクと議論を開始する。

【関連記事】
ヤフー、イー・アクセスの株式取得、「Y!mobile」を6月始動
「LINE電話」国内外の固定・携帯電話番号へ低料金で通話可能に
スマートフォンの通話料を節約!「楽天でんわ」リリース
イオンと日本通信、月額2980円で利用できる「イオンのスマートフォン」を発売
NTTドコモのスマホとLINEが連携~LINEにドコモ専用の音声通話ボタンの配置も

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/05/19 16:45 https://markezine.jp/article/detail/20016

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング