SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Criteo、予測エンジンの機能拡張で精度を大幅向上~コンバージョンレート平均38%アップ

 Criteoが、同社の予測・レコメンデーションエンジン「Criteoエンジン」の機能を大幅に強化した。同エンジンの機能は3年以上かけて開発されたもの。ユーザが広告をクリックする見込みと、広告主サイトで商品の購入に至る見込みの両方に基づいて、個々の広告のインプレッションの購入を決定することが可能。広告主は従来と同じ予算で、以前に比べて低いCPOで、見込み客へのリーチ拡大を実現できる。

 また、同エンジンは20ミリ秒以下の反応時間で、1秒間に最大1,500万件の予測処理能力。プラットフォームのパフォーマンス全体の向上に伴い、コンバージョンレートを平均38%あげられる見込み。さらに、セグメンテーションの簡素化機能など、広告主向けの新機能も複数導入され、それぞれのマーケティング目標に焦点を合わせやすくなっている。

【関連記事】
Criteoのリーチ「Googleディスプレイネットワーク」に次いで2位、日本は88%でトップ
Criteo、北京にオフィス開設、中国での事業を本格化
Criteoが2014年第1四半期の決算を発表、同社過去最高の業績達成
mediba「Ad Generation」、Criteo「デジタルパフォーマンス広告」と接続へ
Criteoのリタゲ・レコメンデーション広告、国内インターネットユーザーの約9割にリーチ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/06/06 13:30 https://markezine.jp/article/detail/20209

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング