SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

雨の日は「ネット日和」、ECショップのビジネスチャンスなるか【雨の日の消費者の購買行動調査】

 Ryo-MAは、「雨の日の消費者の購買行動調査」をテーマとした調査を実施した。

雨の日の行動は?

 「雨の日の休日はいつも通り外出しますか?」とたずねたところ、全体(単数回答、回答者数:723名)の53%が「急用がない限り出かけない」と回答し、半数を超える結果に。出かけると回答した人も、自宅の近所で買い物や食事をするケースが多かった。

 そして、先ほどの質問で「急用がない限り出かけない」「近所のコンビニに行く程度で、それ以外は出かけない」と回答した人(複数回答、回答者数:457名)に、雨の日の自宅での過ごし方を聞いてみたところ、1位「テレビ・DVDを観る」(84%)、2位「インターネットをする」(56%)、3位「読書をする(漫画・雑誌を含む)」(37%)という結果になった。

 さらに、「インターネットをする」と回答した人(複数回答、回答者数:256名)に、具体的にどのような目的でインターネットを利用するのか調査したところ、「ネットショッピングをする」を選択した回答者が60%にのぼった。続いて「ネットサーフィン」(53%)、「動画サイトで動画を観る」(40%)となった。

 また、普段ネットショッピングを利用する際、どのようなものを購入しているのか調べたところ(複数回答、回答者数:723名)、「本(漫画・雑誌を含む)・CD・DVD」(35%)が最多であった。それに「衣服・雑貨・アクセサリー」(34%)が続いた。

雨の日はネットショップにとってのビジネスチャンス

 雨の日の過ごし方として、56%の人が「インターネットを利用する」と回答していることから、雨の日はネットショップにとってのビジネスチャンスと考えられる。実店舗でも「雨の日限定の割引サービス」を実施する店舗が見受けられるが、実店舗に限らずネットショップでの「雨の日サービス」も十分に効力を発揮する可能性がありそうだ。

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査対象:全国の10~70代の男女
総回収数:723名(男性:318名/女性:405名)
実施期間:2014年5月20~22日

【関連記事】
ブログxEC「エキサイトブログマーケット」オープン
翔泳社刊行の『Live! ECサイトカイゼン講座』が第1回JADMA賞を受賞
マガシーク、キッズ・ベビーのファッションEC「MAGASEEK KIDS」オープン
DeNA、食品・飲料・日用品特化ECサイト「EVERY MART」リニューアル
EC支援企業がひとめでわかる ECのミカタ、「EC業界相関図 2014年度版」リリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/06/09 08:30 https://markezine.jp/article/detail/20213

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング