SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ダイレクトマーケティング戦国時代「アドテック九州2014」

ピーチ・ジョンの広告戦略&ポートフォリオの変遷/メディアのターゲットは時代とともに変わる【アドテック九州2014レポート】

 毎年右肩上がりに拡大するネット広告市場。今日ではテレビに次ぐ、第2のメディアになったが、ネット広告で売上を上げるには様々な課題も存在している。アドテック九州2014の『売上が上がるメディア戦略/簡単には儲からないオンライン販売を成功に導く要因を理解していますか?』と題したセッションでは、売れるネット広告社の亀谷氏をモデレータとし、ピーチ・ジョンの門松氏とフェイスブックの須田氏をパネリストに迎え、広告主と媒体社、双方の視点からこれからのネット広告の有り方について議論が行われた。

ネットだけで新規顧客を獲得し、売上をつくるのは難しい

 「本セッションテーマは『売上が上がるメディア戦略』。オンライン販売を成功に導く要因について、広告主と媒体社、双方の視点からディスカッションしてきます」とモデレータの売れるネット広告社 亀谷誠一郎氏は切り出した。

株式会社売れるネット広告社
コンサルティング事業部長 兼 SaaS営業部部長 亀谷誠一郎氏

 電通が毎年発表している「日本の広告費」によると、2013年の日本の総広告費は5兆9,762億円(前年比101.4%)。そのうち、インターネット広告費は9,381億円を占めており、今や新聞・雑誌を抜き、テレビに次ぐ第2のメディアにインターネットは成長している。

 だが実際のところ、「ネットだけで新規顧客を獲得して、売上をつくっていくのは難しい」と亀谷氏は指摘する。バナー広告に代表される変わりばえのしない広告枠、ネットを使った通販企業の増加、テクノロジータックスなどの間接費の増加、それらによって広告主も媒体社も儲かりにく構造になっている。これらは多くの企業が直面している課題だが、「広告主の立場からみたネット広告の使い方について、門松さんはどう思われますか」という亀谷氏の問いを受けて、ピーチ・ジョンの門松茂伸氏は答える。

 「もともと弊社は、ネットではなく、カタログ通販から始まった女性向けの下着を販売している会社です。テレビCMを出すことで、売上を伸ばしてきた歴史があります。ただ、テレビの視聴率が厳しくなり、雑誌の売り上げの部数が非常に落ちてきたこともあり、逆にネット広告をしっかりやらなくてはと、取り組み始めました。なので、単純にネット広告を出稿して、売上をとっているというモデルではそもそもありません。弊社は120~130億円程度の売上ですが、全てネット広告だけでつくれるかというと、それは厳しいでしょう」(門松氏)

テレビCMや交通広告など、多岐にわたるピーチ・ジョンの広告戦略

 ここで、門松氏からピーチ・ジョンの広告戦略について提示された。

 「基本的に既存のお客さまにカタログを送り、そこで売上をしっかりととっていきます。ただそれだけでは新規顧客の獲得はできないので、テレビCMで新規顧客層への認知を高めます。加えて、下着を買おうかなと思っているお客さまに1番目に“ピーチ・ジョン”というブランド名を想起してもらえるように、駅に大きな広告を年間で出すといったかたちで、安定的にお客さまにブランドを見ていただいています。

 最近ではアドトレーラーを試しました。渋谷と新宿で1度回してみたのですが、実のところ効果は厳しかったですね。今日ではいろんな広告媒体が登場しており、ネット以外の領域でも主戦場として戦っています」(門松氏)

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ユーザーの変化に合わせて、スマホ広告出稿を増加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ダイレクトマーケティング戦国時代「アドテック九州2014」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

安成 蓉子(編集部)(ヤスナリ ヨウコ)

MarkeZine編集部 編集長 1985年山口県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。専門商社で営業を経験し、2012年株式会社翔泳社に入社。マーケター向け専門メディア『MarkeZine』の編集・企画・運営に携わる。2016年、定期誌『MarkeZine』を創刊し、サブスクリプション事業を開始。編集業務と並行して、デジタル時代に適した出版社・ウェブメディアの新しいビジネスモデル構築に取り組んでいる。2019年4月、編集長就任。プライベートでは...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/08/06 19:00 https://markezine.jp/article/detail/20558

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング