SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

リサーチデータで読み解く!最新Webマーケティング

【セキュリティ調査】Web上で入力する際に不安な情報は?

Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社の株式会社 ボーダーズ と共同調査のもと、インターネットセキュリティについて調査を行った。

どんな時にセキュリティに不安を感じるのか?

 今回の調査では、セキュリティ上の不安を感じるのはどのような時なのか、またWebサイトへ情報を入力する際に抵抗を感じるのはどのような情報なのかを調査した。その結果、最も入力の際に抵抗を感じる情報は「自宅の電話番号」となった。

 調査対象は、20歳以上のインターネットユーザー500人。男女比は、50%ずつの均等割り付けを行った。年齢比は、20代:19.6%、30代:41.6%、40代:24.2%、50代:11.0%、60歳以上:3.6%となった。

 Q1では、どのような時にセキュリティ上の不安を感じるのか尋ねたところ、「見覚えのない人、会社からメールが送られてきた時」が63.8%で最も多く、次いで「スパムメールが送られてきた時」が58.2%となった。

 どちらもメールが送られてきた時に不安を感じるという結果となっており、メールアドレスが知らない人に知れ渡っているかもしれないと不安を与えていることが伺える。

 最近では企業から送られてきたと思わせるメールにアクセスして会員番号や口座番号などを入力させるようなフィッシング詐欺や、メールを開封しただけでウイルスに感染するメールなどもある。(参考:インターネット界のオレオレ詐欺 “フィッシング詐欺”にご注意

 しかし、現状ではウイルス問題においては世界中で犯罪者と取り締まりとのイタチごっこになっているため、常に最新のセキュリティ情報を入手しておくとともに、メールの受信に関しても十分に注意をすることが必要だと考えられる。

最も入力する際に抵抗ある情報は?

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
リサーチデータで読み解く!最新Webマーケティング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社セプテーニ(カブシキカイシャセプテーニ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/11/06 10:00 https://markezine.jp/article/detail/2061

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング