SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Uber Japan、都内でタクシー即時手配サービスをスタート

 「Everyone's Private Driver」というテーマを掲げるUber Technologiesは、2010年に米サンフランシスコで設立した。今日では、世界42か国、158都市でスマートフォンを活用したハイヤー・タクシーの即時手配サービスのプラットフォームサービスを展開している。2014年3月に日本でローンチ。6月に12億ドル(約1,230億円)の資金調達を実施したことも記憶に新しい。

 そして本日8月5日16時より、Uber Japanはタクシーの即時手配サービス「uberTAXI」、及びハイグレードタクシー専用の即時手配サービス「uberTAXILUX」を開始することを発表した。

 本発表に伴い、先日同社の執行役員社長に就任した髙橋正巳氏より、記者向けに新サービスの説明会が実施された。「uberTAXIは、タクシーを使うお客様だけでなく、パートナーとなるタクシー会社にとっても新たな選択肢となる。東京のタクシーの実車率は43%と言われている。つまり半分以上の時間は東京のタクシーは空車の状態にあるということだ。単純に我々のサービスを利用していただくことで、空いている時間を有効に活用し、より多くのお客様を運ぶことによって、収入アップにつながる」と髙橋氏。

Uber Japan株式会社 執行役員社長 髙橋正巳氏

 また本会見で最も印象に残ったのは、髙橋氏の「我々はテクノロジーカンパニーだ。トランスポーテーションカンパニーではない」という発言だった。「日本では世界最高水準の様々なサービスが提供されている。日本人ならではのサービス、日本人だからこそのクオリティ。それらをベースに、我々が保持する最先端のテクノロジーを付加することで、新たな体験を提供していきたい」(髙橋氏)

【関連記事】
タクシーアプリ「Hailo」決済サービス提供開始~カードレス、サインレスでタクシー料金決済が可能に
kmグループ、「タクシー忘れ物防止システム」を開発、急増するスマホの忘れ物に対応
日本交通、アプリ経由のタクシー売上が10億円突破
京急、5月から「しあわせの黄色い電車」運行開始
「JR東日本アプリ」、運行状況から車内温度までわかる全部おまかせアプリ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/08/05 15:30 https://markezine.jp/article/detail/20651

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング