SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2013年モバイル広告は92%成長、ディスプレイ広告の躍進とアジアで成功をおさめたメッセージング広告

 2013年のモバイル広告収益は、全世界で前年比92%増の193億ドル。最も高い成長率を見せたのはディスプレイ広告で123.4%増。これに検索連動型広告が92.1%で続いた。メッセージングは19.4%増。

 検索連動型広告は95億ドルに達し、モバイル広告収益全体の48.9%を占めている。一方、ディスプレイ広告は80億ドルで41.5%、メッセージング広告は19億ドルで9.6%となっている。

 モバイル広告の最大の市場は北米。続いて、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、ラテンアメリカとなっている。しかし、ディスプレイ広告においてはアジア太平洋が北米を僅差で上回った。

 メッセージング広告はその他の広告フォーマットと異なる様相を見せた。メッセージングの成長率は19.4%増とふるわなかったが、これは通信事業者が提供するサービス(SMSやMMS)から、その代替プラットフォームへの移行によるものと分析。メッセージングのイノベーションは特にアジアで成功をおさめており、モバイルのプレイヤーは時流に先んじるべしという業界で一般に信じられている信条を再認識させた。

 メッセージング広告収益が最も高いのはアジア太平洋で、北米に2倍近くの差をつけている。

 ラテンアメリカは、メッセージング広告収益においては最下位だが、同地域の広告フォーマットシェアを見ると、49.4%でメッセージングが最も大きな比重を占めている。中東・アフリカも46.1%とメッセージングの比率が高く、これらの地域の特徴となっている。

 ラテンアメリカはディスプレイ広告が288%、検索連動型広告で354%、メッセージングでは152%成長と、いずれも高い成長率となっている。モバイル広告収益全体に占める割合は現時点では非常に小さいが、今後の成長が望まれる地域となっている。

【関連記事】
Spicy Cinnamon、約1.5億円の資金調達~写真+音声のメッセージングアプリ「PicChat」グローバルリリースへ
コムスクエア、「ペイパーコール」にSMSでクーポンを送れる新機能
AMoAd「AppliPromotion」とシロク「GrowthPush」が提携~無料でプッシュ通知が利用可能に
LINE MALL、販売手数料撤廃で出品・販売を完全無料化、プッシュ通知で「LINEセール」を毎日開催
Facebookの2Q決算、ユーザーも売上も大幅増、モバイル広告収入は6割に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/08/19 17:05 https://markezine.jp/article/detail/20712

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング