SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第53号(2020年5月号)
特集「テレビ活用、その進化と真価」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

資生堂unoとZoff、髪とメガネで男をアゲる「自己ベストプロジェクト」を開始

 資生堂の男性用化粧品ブランド「uno」と、インターメスティックが運営するメガネショップ「Zoff」は、「Be a man.(男子たちよ、男になれ)」というメッセージのもと、“髪とメガネで男をアゲる”共同プロジェクト「自己ベストプロジェクト」をスタートした。近年、メガネはファッションアイテムとして活用されるが、10~20代の男性からは「自分には似合わない」「選び方が分からない」といった声が多く聞かれる。そこで、同プロジェクトでは新たなメガネの選び方として、「髪型に合わせてメガネを選ぶ」「メガネに合わせて髪型をつくる」という提案、新しい自分を発見するきっかけを創出する。

 「自己ベストプロジェクト」では、髪型とメガネを組み合わせた新たなスタイルを疑似体験できるWEBコンテンツ「自己ベストカメラ」を特設サイトで公開するほか、髪型とメガネの新たなスタイルをリアル体験できる一般参加型イベント「自己ベスト写真館」を開催。さらに、「uno」のヘア・ディレクターを務める原田忠氏がセレクトした、男をアゲるメガネラインナップ「Be a man. collection」も展開する。

「自己ベストカメラ」
「自己ベストカメラ」

 なお、「自己ベストカメラ」は顔写真を使って、様々な「髪型とメガネの組み合わせ」を体験できるWEBコンテンツ。写真をアップすると全16種類のスタイルが自動で生成され、新たな自分を疑似体験できる。この画像は、SNSにシェアできるため、友達とスタイルを見せ合って楽しんだり、自分に合っているを相談したりできる。

【関連記事】
資生堂、マーケティング改革を加速~アカデミー設立とブランドマネージャー制を導入
資生堂、2014年秋冬トレンドカラー分析結果を使ったクリエイティブの展示をスタート
コロプラとZoff、位置情報をつかった個店商圏分析の実証実験
Zoff、ECサイトリニューアルで売上120%アップ
モテる男をつくる!?男性用美容情報サイト「美侍」オープン

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング