SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

エイベックス・講談社・集英社・小学館、配信サービス向けアニメを供給する「アニメタイムズ社」設立

 エイベックス・グループ・ホールディングスは25日、100%子会社であるエイベックス・ピクチャーズ、講談社、集英社、小学館の共同出資によって、映像配信サービス向けのアニメ作品の供給を行う新会社の設立を決定した。

 新会社は映像配信サービス向けにアニメ作品の供給を行う目的で設立され、いつでもどこでも観たいアニメを楽しめる環境づくりに寄与し、アニメ市場の活性化を目指す。また、エイベックス・グループが運営する映像配信サービス「dビデオ」や「UULA」向けのアニメ作品調達窓口を一本化するとともに、多くの有力なアニメ原作作品を有する講談社、集英社および小学館を中心とした作品力を活用し、グループ内外の映像配信サービスへの全方位的なアニメ作品の供給を行う。

 株式会社アニメタイムズ社は2015年1月に設立。代表取締役社長は勝股 英夫氏(エイベックス・ピクチャーズ取締役 アニメ制作本部長)。株主構成は未定(4社のほかの出資者による出資も検討中)となっている。

【関連記事】
バンダイナムコら3社が新会社設立、アニメコンテンツの海外向け動画配信・ECサイト展開へ
KADOKAWA・TOKYO MX・ソニー、 視聴中のアニメ楽しむためのポータルプロジェクトを始動
サイバーエージェント、エイベックス・グループ・ホールディングスの株式を取得
エイベックス、ドワンゴ株の一部を角川と日テレへ譲渡
リクルート、アニメレビューサイト「アニプラ」Web版公開、アニメ実況アプリと合わせて総合サービスへ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/11/25 17:45 https://markezine.jp/article/detail/21455

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング