MarkeZine(マーケジン)

記事種別

WPP、IBMのクラウド基盤を7年契約12億5000万ドルで調達、サービス提供を高速化

2014/12/03 14:00

 IBMは2日、世界最大のコミュニケーションサービスグループ、英WPPとの長期的なパートナーシップを発表した。この戦略的パートナシップには7年間、12億5000万ドルのサービス契約が含まれる。今回の合意によって、WPPは、IBMが提供するグローバルなハイブリッドのクラウド基盤上で新たなデジタルサービスを開発することが可能になる。

 IBMは、生産性の向上、オペレーション統合を可能にする、サービスデリバリーとテクノロジープラットフォームを提供。WPPは意思決定とクリエイティブプロセスを、ビッグデータの活用・分析によって強化し、より速く、新しいプロダクトやサービスを展開する。また、グループ傘下のブランド間のコラボレーションとコミュニケーションを促進する。

【関連記事】
WPPグループとRentrak、大規模TV視聴率データと消費者データを統合したターゲティングの実現へ
AppNexus、WPPからプラットフォームと資金を獲得、SSP領域トップを目指す
バイラルメディア「BuzzFeed」がデータ基盤強化、現代メディアのコアは「データとテクノロジー」
IBM、リード育成管理が可能なマーケティング・オートメーション「Silverpop Engage」
日本IBM、「ITインフラ調達支援プログラム」スタート~中小企業の新たなIT投資を支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5