SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

クラウド型会計ソフト、4割強が「freee」を利用

 普及が進むクラウド型会計ソフトについてシード・プランニングが調査したところ、国内事業所会計におけるパッケージ型・クラウド型を合わせた会計ソフトの利用率は約3割。うち、クラウド型会計ソフト利用率は5%となっている。

 回答者が所属する事業所でメインで利用されているクラウド型会計ソフトで最も多いのは「freee」の41.3%で、「ネットde会計」12.0%が続いている。ただし、やよい会計が提供しているふたつのソフト「青色申告オンライン」「白色申告オンライン」を合わせると16.7%となり、事業者単位での利用率は第2位となる(n=300、単一回答)。

 クラウド型会計ソフトのサービス選定時には、「簡単」であることを重視しており、課題は「セキュリティーに対する信頼性の向上」となっている。

<調査概要> 
調査対象:国内事業所勤務者20,814人
調査方法:Webアンケート調査
調査期間:2014年11 月
調査主体:デジタルインファクト

【関連記事】
全自動クラウド会計ソフト「freee」運営企業、6.3億円増資~リクルート社との協業も
freee、クラウド給与計算ソフト「freee」ベータ版を無償公開
オリックス、会計ソフトの弥生を買収、小規模事業者向けサービスを強化
会計をスマートに!飲食店向けクレジットカード決済サービス「食べログPay」提供開始
無料POSレジアプリ「Airレジ」、全自動クラウド会計ソフト「freee」と連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/12/10 17:40 https://markezine.jp/article/detail/21577

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング