MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ヴァル研究所、移動予測データを用いたネイティブ広告開発~ユーザーの行動特性にあわせた広告配信が可能に

2014/12/19 17:30

 ヴァル研究所は、同社が開発運営する乗り換え案内アプリケーション「駅すぱあと」において、自社用に構築したプライベートDMP「駅すぱあとDMP」と連携させ、移動予測データを用いたネイティブ広告を開発した。プライベートDMPで探索データ(探索駅、曜日、時間、検索回数など)から独自のセグメントを設定し、ターゲットとなるユーザーの行動特性にあわせた広告配信が可能だ。

 450万DLを超える「駅すぱあと」アプリのユーザーの移動予測データを利用し、ユーザーの「位置」だけでなく「行動エリア」にもフォーカスしたターゲティング広告を展開する。また経路検索結果画面と合わせたネイティブ広告を採用することで、メディア体験を損なわず広告の視認性やより深い関心を得ることができる。

【関連記事】
ヤフー、ツイートを解析して公式情報よりも早く電車の運行状況を伝える「遅延なう」機能を公開
オールアバウト×Uber、Blue Bottle Coffee上陸予定地でカフェ巡礼キャンペーン
アプリでクルマを呼べる「Uber API」ローンチ、アフィリエイトプログラムもスタート
Uber Japan、都内でタクシー即時手配サービスをスタート
ソフトバンク、東南アジア最大のタクシー配車アプリ提供企業へ約298億円出資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5