MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「007」シリーズ作家が描く、本格ウェブミステリー『The Vanishing Game』

 初対面の美女から「24時間以内にスコットランドの教会に聖水を運ぶ」ミッションを受ける。新作の映画? いいえ、自動車のブランドサイトで公開されたコンテンツです。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日更新です。

キャンペーン概要

 時期:2015年
 国名:USA
 ブランド名:Land Rover
 業種:自動車

ストーリー「仕立て」の次は、本格ミステリー小説

 昨今、世界的にストーリー仕立てのコマーシャルが数多く見られるようになり、広告業界のトレンドの一つとなっています。自動車ブランドのLand Rover USAは、このトレンドの次なる一歩を踏みだしたと言える“ウェブストーリー”、その名も『The Vamishing Game(消滅したゲーム)』を公開しました。

 Land Rover USAがタッグを組んだのは、英作家のウィリアム・ボイド氏。2013年に刊行された公式007小説「ソロ(Solo)」を手掛けた人物です。同氏がLand Roverのために書き下ろしたのは、全約17,000ワードからなるミステリー小説です。

 物語の舞台はイギリス。駆け出しの男性俳優である主人公は、新作映画のオーディションのため出向いたオフィスで、一人の女優に出会います。彼女から「“聖水”(であるという液体)を24時間以内にスコットランドのとある教会に運ぶ」というミッションを引き受け、Land Roverに乗ってロンドン市内からスコットランドまで駆け抜けるというストーリーです。

 もちろん、ミステリー作品なので、単純にLand Roverでドライブをするという内容ではありません。途中怪しげなセダンに尾行されたり、死体を発見したり、液体の正体を知ったりと、全8章からなるストーリーは読みごたえ十分。ハラハラドキドキの連続で、一度読みだしたら止まりません。

 ストーリーの随所でLand Roverの描写がなされている他、主人公があえてオフロードを走行するシーンもあり、Land Roverの魅力も十分に伝えています

 “ウェブストーリー”は文章で読むこともできますが、オーディオで読み上げる機能もあり、映像や音声を聴きながらまるで映画のように楽しむこともできます。

 業界の新しいトレンドとなるかもしれない、小説仕立ての“ウェブムービー”。ぜひ一度こちらからご覧ください。

動画はこちら

 

参考サイト

 The Vanishing Game
 psfk

先週の紹介キャンペーン

 私たちのWebサイトには来ないでください。「続きはWebで」の真逆をいくテレビCM

 記事転載元:AdGang

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5