MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ドコモ、スマホの電話番号を多様なIoT機器に切り替えるソフトを開発

2015/03/03 12:00

 NTTドコモは2日、スマートフォンに挿入されたSIMカードに記録されている電話番号などを、機器どうしのタッチでSIMを搭載しないタブレットやIoT機器等に切り替えるソフトウェアを開発したと発表した。このソフトウェアは、電話番号をもつ親機と切り替え先となる子機との接続、電話番号などのSIM情報(※)の送信を行うAndroid向けのアプリ。クアルコムが新たに開発した、ポータブルSIMアプリと連携してSIMを制御するソフトウェアと組み合わせることで電話番号等の切り替えが実現する。

 クアルコムが開発したソフトウェアは、同社が2015年夏に提供する携帯機器・小型通信機器向けのチップセットに搭載される予定。このチップセットは、電話番号を送信する親機側の機能だけではなく、受信する子機側の機能も搭載しているため、クアルコムのチップセットを機器に搭載することで、親機や子機を容易に開発でき、多様な対応機器の提供が可能になる。

 今回の開発は、2014年6月にドコモが開発したカード型の小型認証デバイス「ポータブルSIM」と同等の機能をスマートフォンで実現するもの。カーナビなどの車載器を子機として、運転者の特定やスマートフォンで利用している音楽などのクラウドサービスを車のステレオで聴いたり、検索した目的地の情報をカーナビへ引き継いだりすることなどが可能になる。

※「SIM情報」とは、SIMカードに保存されている携帯電話番号、携帯電話加入者に発行される国際的な加入者識別番号であるIMSIや、SIMのAppletに格納するID・パスワード等の情報。

【関連記事】
IoT広告市場、2020年には約5倍に成長/生活者関連データは約45倍に【国内IoT広告市場調査】
ヤフー、IoT事業者向け開発支援プラットフォームサービス提供へ
ALBERTとシナノ電子技研、IoT/MtoM分野で業務提携~データ蓄積から解析・活用までカバー
Google、自走するクルマの完全なプロトタイプを公開、ハンドルやブレーキがなくても安全運転が可能
Antenna、映画配給会社・音楽レーベル等24社とコンテンツ配信提携へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5