SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マクロミル、消費実態を正確に捉えた家計パネル調査「MHS」を提供へ

 マクロミルは、世帯・個人の購買データとアンケート調査を紐づけた、マクロミル家計パネル調査「MHS(MACROMILL Household Spending Survey)」のデータ収集・サービス提供を2015年4月より正式に開始する。同サービスは「いつ・どこで・誰が・何を・いくらで・どうやって・誰のために」購入したかを取得した「世帯・個人単位の支出データ」を提供するもの。

 日本では単身世帯と核家族世帯が年々増加している。そのため、消費実態を正確に捉え、マーケティングデータとして活用するためには、世帯・個人における全支出を詳細に把握する必要がある。一方、マクロミルは、2007年より消費者の商品購入履歴を記録したデータ「QPR」のサービスを展開。現在、30,000人のモニタから購買データを収集している。そこで、QPRで構築したパネルと蓄積したデータと知見を活かし、スマートフォンアプリでデータを収集するマクロミル家計パネル調査「MHS」を開発するに至った。

【関連記事】
マクロミルと日経リサーチが業務提携、ネットリサーチのパネル利用などで連携
マクロミル、スタンプで気持ちを伝えるユーザトークサービス「ミルトーク」開始
フリークアウトとマクロミルが協業~データを活用し、新たな広告効果測定指標の研究開発へ
popInとマクロミル、ネイティブアドのブランドリフト効果測定サービス開発~花王の導入事例も
マクロミル、欧米マーケティングリサーチ市場への進出加速~オランダ「MetrixLab社」を子会社化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/03/19 09:00 https://markezine.jp/article/detail/22153

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング