SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン

ウソ? ホント? BMWの“どんな車でも新車と交換してくれる”エイプリルフール企画


 エイプリルフールに企業が展開する「ウソ」を楽しみにしている人も多いのでは? BMWは、このウソが許される日を逆手にとって、ステキな企画を行いました。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日更新です。

キャンペーン概要

 時期:2015年
 国名:ニュージーランド
 ブランド/企業:BMW
 業種:自動車

あなただったら、トムに会いに行く?

 ニュージーランドのBMWが、4月1日の新聞広告欄に、エイプリルフールらしい広告を掲載しました。

 掲載されたのはこちらの広告。『ディーラーに来店し、一番最初にトムさんに話しかけた人に、あなたの車と引き換えにBMWの新車をプレゼントします』というものです。

 なんともエイプリルフールらしい嘘っぽい広告。当然多くの人が真に受けることはありませんでしたが、広告を手に来店した人が現れました。

 ティアナとその友人は、ディーラーでトムさんを訪ね、「広告を見たんだけど……」と話しかけます。

 やっぱり嘘だったのかなと思ったその時、「おめでとうございます!」とのかけ声と共に新車のキーが手渡され、新車がヴェールを脱ぎ、紙吹雪が祝福しました。

 実はこれ嘘っぽいけど本当だったという“逆”エイプリルフール企画だったのです。

 当選車のナンバープレートは“NOFOOL”(エイプリルフールじゃない。バカじゃない)。

 BMWという究極の車に相応しい、究極的に“純粋な人”を見つけようというユーモアたっぷりのエイプリルフール企画。当施策を収めた動画はYouTubeで120万回以上再生されています。当選者の素敵な笑顔とともに、一味違ったエイプリルフール企画の一部始終をご覧ください。

動画はこちら

 

参考サイト

 TAXI

先週の紹介キャンペーン

 イケメンが本を片手に寄付を訴える、インスタグラムを使ったバナナ・リパブリックのプロモーション

 記事転載元:AdGang

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山田 健介(株式会社PR TIMES)(ヤマダケンスケ (PR TIMES))

著者Twitter著者Facebook●About / PR TIMES Inc ・プレスリリース配信サービス「PR TIMES」の運営 ・ブログマーケティングサービス「ブログタイムズ」の運営 ・WEBクリッピングサービスの提供●About / Vector Group コアバリューである「モノを広める」スキルを通じて、企業・消費者の皆様をマッチしたサービスを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/03/11 20:55 https://markezine.jp/article/detail/22277

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング