SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電子書籍ストアを選んだキッカケは?トップは「アプリマーケットのランキング」【MMD研究所調査】

 MMD研究所は、事前調査において電子書籍を利用していると回答した20歳以上の男女335人を対象に「2015年4月電子書籍に関する利用実態調査」を実施した。

電子書籍を利用するデバイスは?

 電子書籍を利用している20歳以上の男女(N=335)を対象に電子書籍を最も利用している端末を聞いたところ、「スマートフォン」が最多で47.2%、次いで「タブレット」が27.5%、「ノートパソコン」が9.3%と続いた。

利用している電子書籍ストア/Kindleが断トツでトップに

 そして電子書籍を「現在利用している」20歳以上の男女(N=335)を対象に、利用している電子書籍のストア、アプリを聞いたところ(複数回答)、「Amazon Kindleストア」が46.6%で最多、次いで「楽天 kobo」27.8%、「iBooks」20.3%という結果に。

電子書籍利用経験者がストアを選んだキッカケ

 また、電子書籍利用者(N=335)を対象に、電子書籍ストアを選んだキッカケを聞いたところ、「App StoreまたはGoogle Playのランキングで知った」が18.2%で最多、次いで「電子書籍に関連するサイトを見て」が15.8%、「電子ギフトクーポンや電子書籍券をもらったから」が14.3%となった。

 上位3項目を年代別で見たところ、20代の28.9%が「アプリマーケットのランキング」から電子書籍ストアを選んだのに対し、40代は6.2%、50代は7.8%となった。また、「電子ギフトクーポンや電子書籍券をもらってストアを選ぶ」は20代が11.6%、30代が10.2%に対し、40代は20.0%、50代は21.6%となり年代別で約2倍の差があることが明らかに。

電子書籍ストアの使いわけ

 さらに電子書籍利用者(N=335)を対象に、電子書籍サイトの使い分けを聞いたところ(複数回答)、「読みたいジャンルの作品の充実度」が49.0%、「無料で読める書籍が豊富」が48.1%、「ポイントや割引率の高さ」が32.2%となった。

 これを男女別で見てみると「読みたいジャンルの作品の充実度」と回答した男性が54.2%に対し、女性は42.0%、「無料で読める書籍が豊富」と回答したのは男性が40.1%に対し、女性は58.7%となり男性と女性でサイトの使い分けに違いがでる結果となった。

※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合がある。

【調査概要】
調査期間:2015年4月2~4日
有効回答:335人
調査方法:インターネット調査
調査対象:事前調査において電子書籍を利用していると回答した20歳以上の男女

【関連記事】
楽天が買収したシェアリングエコノミーのパイオニア、図書館向け電子書籍配信の「OverDrive」とは
博報堂アイ・スタジオ、生活者の声を電子書籍化&プロモーションに活用するサービスを開始
エニグモ「BUYMA Books」、100円で要約版電子書籍の販売スタート
20代の6割超がスマホで電子書籍を利用【楽天リサーチ調査】
地方発コンテンツを電子書籍へ、ブックビヨンドと共同通信社が電子出版事業の提携を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング