SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Yahoo!プロモーション広告をマンガで理解!

高いCPAを何とかするのだ!スポンサードサーチ入門【出直し編】

ヒヨッ子雑貨ショップのkurobo工房がオーバーチュアのスポンサードサーチに挑戦! はじめての出稿から1ヶ月……今までの結果を反省しつつ、キーワードや広告・キャンペーンのグループ分け(分類)について「見直し」のヒントを探ります!

※2013年1月29日よりYahoo!リスティング広告はYahoo!プロモーション広告に名称変更しました。
ワタシが聞いて参ります!
ステンレス製のオリジナル雑貨のショップ「kurobo工房」の店長。申し込みホヤホヤのスポンサードサーチに悪戦苦闘の毎日。じつは、MarkeZineでおなじみ「樂」のムーさんのお母さん。

私たちがご指南します!
Dr.T & Dr.M
キャンペーンの作り方、広告の作成から広告効果の検証まで、スポンサードサーチのことならなんでもござれのスペシャリスト。

 今日も、雑貨のお店「kurobo工房」を舞台にスポンサードサーチのコツを探ります。

 前回の記事でもご紹介したように、はじめての出稿から約1ヶ月経ったのですが、今のところそんなに目立った成果は出ていません……(10万円+αの広告費でアシスト2件&コンバージョン2件)。

 もちろん、はじめからトントン拍子に上手く行くとは思っていなかったのですが、ちょっと不安になりはじめたというのが正直なところ。

 そんなわけで、ふたたびオーバーチュアさんの門をたたいて、アドバイスをもらいたいと思います。

 「(何度も)すみませんが、教えてくださ~い!」

CPA(Cost Per Acquisition:成果・獲得あたりのコスト)向上大作戦!

キーワードの追加や削除、予算の割り振り、アカウント構造の整理など、見直しのための手段はたくさんあるのですが、大事なのはやはり、今までの結果をしっかり検討して、そこから学んだことを活かしていくこと。つまり「PDCA」のサイクルをきちんとまわしていくことなんです。

たしかに、どんどん予算が消化されるのを見ていると不安になる気持ちはよくわかりますが、まずは広めのキーワードでテスト的に出稿し、2週間~1ヶ月ほど様子をみてから次の手を考えるという流れで取り組んだのは、正解だと思いますよ。

そうですよね。でもやっぱり不安で不安で……

実店舗や他の広告手法でのノウハウのある方ほど「この商品ならこのキーワードに決まってる!」と、決め打ちで出稿なさる方も多いのですが、「もっといい方法があるかどうか試してみよう」という姿勢が、より良い結果に結びつくはずです。

まずは、キャンペーンの状況を広告グループごとに確認しながら考えてみましょう。

【kurobo工房のスポンサードサーチ管理画面】
(クリック率の順に広告グループを並べ替えた場合)
コンバーションの件数がまだ少ないので、ここでは「クリック率」を目安にします。スポンサードサーチの管理画面で、表の一行目の「クリック率(%)」をクリックすると、簡単に並び替えられますよ 。

クリック率が一番高いのが「音楽雑貨」ですね。ただ、インプレッション数がすごく低いので、クリック数は結局たいしたことないな……

次のページ
クリック率の高い広告グループ ← キーワードを増やして素直に伸ばせ!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Yahoo!プロモーション広告をマンガで理解!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

関口 むつみ(セキグチ ムツミ)

1974年東京うまれ。化粧品販売、2トントラックのルートドライバーなどの職を 経たあと、LAN設置工事や社内サーバ管理など行う。 2003年に知人のネットショップ構築を支援したことがきっかけで、インターネット通販に興味を持つ。2004年7月、開店資金5万円で、ブログを利用したネットショップ「和食器益子焼販売 楽raku」を開店。2005年10月より益子焼大手専門店「やまに大塚」と提携し、主に広告・集客・顧客対応・キャンペーン企画などを中心に業務を行う。 現在はネットショップオーナーの仕事、主婦業、3児の子育てのほか、ネットショッ プ運営に関する執筆、講師活動なども行う。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング