SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ビービット、広告効果測定ツールの接触履歴データ自動取得APIを提供開始~施策のLTV評価が可能に

 ビービットは、同社提供の広告効果測定ツール「ウェブアンテナ」の管理画面上でダウンロードできた、コンバージョンユーザの接触履歴データを自動取得できるAPIの提供を開始する。これにより、ユーザごとの広告との接触履歴データと、企業の顧客データベースとを紐付けた分析を自動で行なえるようになり、利用企業は、ライフタイムバリュー(以下、LTV)や企業独自のアトリビューション評価モデルのスコアに基づいた、広告媒体やクリエイティブの評価を行うことが可能となる。

 近年、LTVでウェブ広告などの施策を評価して、PDCAを回そうとする企業が増えている。集客施策からメルマガなどのCRM施策までを一元管理するマーケティングツールで、LTVを見える化する動きも出ている。しかし、PDCA改善や運用業務に特化していないツールでは、LTVの把握に終始し結果が伴わなかったり、業務が煩雑になるという課題を抱える場合もある。

 一方、今回提供が始まるAPIを利用すると、運用業務を効率的に行うという「ウェブアンテナ」従来の特長を活かし、LTVでの施策の評価・改善が可能となる。また、企業独自のアトリビューションの評価モデルで、広告施策を評価することもできるようになる。

【関連記事】
ビービット、デジタルマーケティングの継続改善を実現する「PDCA支援サービス」の提供を開始
インティメート・マージャー、カンターの広告効果測定ツールとオーディエンスデータ連携
凸版印刷の「Shufoo!」がPOS情報との連携を実現、チラシやクーポンの効果測定が可能に
ロックオン、ネイティブアプリの効果測定サービス「アプリエビス」リリースへ
ニールセンとインテージ、合弁会社設立へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/05/14 10:00 https://markezine.jp/article/detail/22440

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング