SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(AD)

広告投資の最適化とチャレンジ成功の鍵は「マス×ネットの統合分析」と「競合アトリビューション」

広告主に必要な3つの視点

小川氏:私は広告主がこれから必要な視点が3つあると考えています。適切なKPI設定と効果検証、最新広告クリエイティブへのチャレンジ、そして対応可能な範囲からの効率化です。

 「今までこのKPIだったから、この媒体を使っていたから」という意識では取り残されてしまう。適切なチャレンジをして、正しい効果測定をして、PDCAを効率的に回して結果を出していけるかどうかが、これからの企業にとっては重要なことかと思います。

 弊社は広告施策やクリエイティブの制作ノウハウを持っています。さらに、MMMをはじめとした効果検証の強化をスタートしました。加えて、効率化にはマーケティングオートメーションをはじめとした、ツールもあります。データ活用やIT技術が必要な部分ではブレインパッドというパートナーがいます。ぜひ、両社の強みを生かすことで、クライアントに新しい価値を提供できればと考えています。

佐藤氏:そうですね。我々データ分析を専門にする者としても、広告代理店とタッグを組むことで、より良い価値を提供できると思っています。

 弊社ではMMMの導入に際して、クライアントには、ツールが動く原理や予測分析を行う仕組みといった一通りの統計知識や概要をお伝えしています。ですが、重要なのは、どのようなデータをインプットするのかという観点です。

 もちろん、一般的な範囲で投入すべきデータはお話します。ですが、クライアントの業種業態や、取り扱う商品によって、インプットが大きく異なります。ですから、どのデータを利用するかについては、その企業あるいは、一緒に施策を打っている広告代理店が知恵を出し合う必要があります。広告代理店である電通ダイレクトフォースとの強いチームワークをもって、適切な広告投資配分とROI最大化、ひいては企業成長に貢献できればと思います。

小川氏:そのためにも、まずは我々の具体的な取り組みや成果をお客さまにお話しして「自分の会社では広告投資が最適におこなわれているのか」「他にできることはないか」を考えていただく機会をつくっていく必要もあるかと思います。近い時期だと8月にセミナーを共催する予定ですが、このような知見の共有から一歩ずつ進めていきたいですね。

『マス×ネット統合分析! 広告投資配分の最適化に向けて』MMM無料セミナー開催!

 電通ダイレクトフォースとブレインパッドによるMMM無料セミナーの開催が決定しました。本記事では触れられなかった、MMMの活用と広告投資の最適化の詳細が説明されます。ぜひ、ご参加ください!

 MMM無料セミナー 詳細

 ・開催日/時:2015年8月7日(金)/15:00~17:30(受付開始 14:30)
 ・場所:STANDARD会議室 虎の門HILLS FRONT店 2階大会議室
 ・お申し込み:こちらから
 ◎MMMの基本、分析デモンストレーション、業種別事例、「競合アトリビューション」概要を一挙ご紹介!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/07/03 10:00 https://markezine.jp/article/detail/22666

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング