SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ソネット・メディア・ネットワークス、人工知能を搭載した『Logicad潜在顧客ターゲティング』を開発

 ソネット・メディア・ネットワークスは、『Logicad潜在顧客ターゲティング』を開発した。同社では第一弾として、アットホームの「新築分譲 AI ディスカバリー」へ不動産業界に特化した限定版を提供。今後は、レポート機能をはじめとした拡充を行い、全業種対応型の提供を予定している。

 同サービスでは、DSP『Logicad』の保有する膨大なオーディエンスデータを活用し、優良顧客となり得る潜在顧客層にリーチして行動変容を促す広告配信ができる。さらに、拡大させた興味関心層の中からコンバージョンする確率の高いユーザーを抽出。その後、リターゲティングなどの広告配信を行うことで、潜在顧客の発見からコンバージョン獲得までフルファネルでの顧客獲得をサポートする。

 また同サービスには、ソニーでAIBO/QRIO の知能を生み出したメンバーを中心に開発した人工知能「VALIS-Engine」が搭載されている。これにより、『Logicad』の膨大なログ情報やオーディエンスデータから、行動変容を起こす確率の高いユーザーを高精度に発見することを可能にした。

【関連記事】
インティメート・マージャー、米国DSPのthe Trade Deskと連携へ
インティメート・マージャー、グーグルのDSP「DoubleClick Bid Manager」と連携
ソネット・メディア・ネットワークスのDSP「Logicad」、SSP「PubMatic」へRTB接続開始
ソネット・メディア・ネットワークス『Logicad』、Platform ID『Xrost SSP』と接続
ソネット・メディア・ネットワークス、DSP「Logicad」で「類似ユーザ」配信

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング