MarkeZine(マーケジン)

記事種別

10~20代のニュースキュレーションアプリの閲覧率、新聞購読率に迫る【ジャストシステム調査】

2015/07/13 19:00

 ジャストシステムは、同社が提供するセルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用して、全国の15歳から69歳の男女1,100名を対象に、『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年6月度)』を実施した。

10~20代の新聞購読率は23%で、ニュースキュレーションアプリと同程度に

 ニュースを閲覧するために利用するメディアとして「ポータルサイトを閲覧」(49.5%)と回答した人が最も多く、次いで「新聞を購読・購入」(41.6%)という結果だった。しかし、10代に限るとポータルサイトを利用する人は35.0%止まりだった。また、「新聞を購読・購入」している人は50代以上だと60.8%を占めているが、10~20代に限ると23.3%となり、「ニュースキュレーションアプリで閲覧」している人は19.3%と、「新聞を購読・購入」している人の割合と大差ないことがわかった。

ニュースを閲覧するメディア(性別・年齢別)

一番長期間飽きずに利用されるのは「SNSアプリ」

 スマートフォン利用者にアプリのジャンル別利用歴を聞いてみたところ、最も長期にわたって使われていたのは「SNSアプリ」で平均28.5カ月、続いて「通常のショッピングアプリ」が平均25.5カ月、「ゲームアプリ」が平均24.9カ月、「音楽配信アプリ(ラジオ含む)」が平均23.2カ月、「画像加工アプリ」が平均22.3カ月の順となった。3年以上使い続けている利用者の割合が最も高かったのも「SNSアプリ」(35.0%)で、続いて「通常のショッピングアプリ」「ゲームアプリ」(ともに、32.9%)だった。

アプリの平均利用歴(ジャンル別)

スマートフォンでのオンラインバンキング利用者は2割に

 オンラインバンキングを「現在利用している」人は53.1%いた。そのうち、「PCメインで利用している」は78.6%、「スマートフォンメインで利用している」は7.4%、「PCとスマートフォンの併用で利用している」は13.7%で、21.1%の利用者がスマートフォンからオンラインバンキングを利用している結果となった。

オンラインバンキングを利用するデバイス

【調査の実施概要】
調査期間:2015年6月25日(木)~7月1日(水)
調査対象:15歳から69歳までの男女1,100名

【関連記事】
大手ネット広告主のスマートフォンDSPの導入率は約2割に【スケールアウト調査】
「PCとスマートフォンどちらでも広告効果を出す」ために、アイモバイル等無料セミナー開催
スマートフォン・ネイティブ動画広告「popIn Video Ads」リリース~カネボウ等が採用
2014年はスマートフォンがメディアとしてのポジションを獲得した年【ジャストシステム調査】
CA、スマートフォンにてアプリとウェブを横断したリターゲティング広告の配信を実現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5