SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Facebook、ダイナミックプロダクト広告を強化~CV最適化やオーディエンスネットワーク対応等

 Facebookは、今春リリースしたダイナミックプロダクト広告に、クロスセル、アップセル、コンバージョン最適化、オーディエンスネットワーク対応といった新たな機能を追加し、強化を図ることを発表した。

 ダイナミックプロダクト広告は、ターゲットに応じて自動的に関心を持ってくれそうな商品を宣伝することが可能な、小売業やEC向けの広告製品。リリース以来コンバージョンの増加や顧客獲得単価(CPA)の低減に貢献し、コンバージョン率が50%増加し、購入当たりのコスト63%低減を実現した企業もある。

 同社は今後数週間をかけ、ダイナミックプロダクト広告について次の強化を行う予定。

クロスセルとアップセルでリーチを拡大

 現在ダイナミックプロダクト広告では、商品を見た人やカートに入れた人に対して関連商品を表示するが、今後は商品を購入した人に対しても関連商品を表示できるようになる。また、「関連商品」の定義もより柔軟になる。

クリックではなく売上に最適化

 実際に商品を購入してくれる可能性が高い人を、Facebookの広告配信システムで自動的に探せるようになる。初期テストでは、ダイナミックプロダクト広告をコンバージョンに最適化した場合のコスト効率はCPC入札時より優れており、インプレッション数は少なくなる一方でインプレッションあたりの価値は高まることが見込める。

Facebook外でもリーチ

 今後数週間のうちに、ダイナミックプロダクト広告はオーディエンスネットワークに対応し、Facebookの外でも買い物客にリーチできるようになる。

【関連記事】
企業のFacebook利用率が8割越え/SNS活用で売上増を実感する企業が増加【NTT調査】
Facebook、新たな動画広告の購入方法「コスト・パー・ビュー購入」を発表
IBMとFacebook、マーケティング領域において業務提携~パーソナライズ化したブランド体験を実現
Facebookマーケティングで結果を出すノウハウが学べる教育プログラムが登場
Facebook「プロダクト広告」リリース~商品ラインアップを網羅した訴求を全デバイスで実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング