SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2015 OSAKA

ロックオン、キリン、BAKEと考える、転換期におけるデジタルマーケティングのあり方

 11月10日に開催したMarkeZine Day 2015 OSAKAの特別講演「デジタルマーケティングシフト 転換期におけるマーケティングのあり方」では、パネリストにロックオン代表取締役社長 岩田 進氏、キリン デジタルマーケティング部 加藤 美侑氏、BAKE オンライン事業部 部長 阿座上 陽平氏を招き、スマートフォンが主流になる中での各社の取り組みや課題について、パネルディスカッションを行った。

デジタル広告市場における3つの変化

右より、株式会社BAKE  阿座上 陽平氏 キリン株式会社  加藤 美侑氏
株式会社ロックオン 岩田 進氏 MarkeZine編集部 編集長 押久保 剛

押久保:昨今スマートフォンが浸透してきている中で、マーケティングをどう考えていけばいいのかディスカッションできればと思います。では最初に、自己紹介をお願いします。

岩田:ロックオン代表取締役の岩田です。当社では今、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」と、ECオープンソース「EC-CUBE」の二つを中心に、様々なサービスを開発提供しています。

加藤:キリンの加藤です。クラフトビールやチューハイなどのブランドにおけるデジタルマーケティングと、オウンドメディア「ノミモノ」の企画運営を担当しています。

阿座上:BAKEの阿座上です。当社は4ブランドのお菓子の店舗を展開しています。私はマーケティング全般と、オウンドメディア「THE BAKE MAGAZINE」の運営も担当しています。

押久保:自己紹介が終わったところで、本題に入っていきたいと思います。ここ5年ほどの間でデジタル活用の幅が、手段や領域含めて拡大していると感じていますが、ベンダー側の岩田さんの意見をお聞かせください。

岩田:活用の幅が広がっているのは、3つの変化が市場に起きているからだと思っています。まずは「デバイスの変化」ですね。メインとなるデバイスがPCからスマートフォンへとシフトしています。

 次に考えられるのは「メディアの変化」。以前はペイドメディアと呼ばれるような広告が主流でしたが、現在広告だけでは届かなくなってきています。そのため、ソーシャルメディアやオウンドメディアなどの施策が現在注目されているのです。

 最後は「SEM(Search Engine Marketing)の飽和」です。ネット広告市場は1兆円といわれていて、その半分がSEMとなっています。しかし、SEMの効果は年々低下していて、獲得単価が上昇しているのが課題となっています。

マス×デジタルの強大な相乗効果とは

押久保:広告主サイドとしてはいかがでしょうか。まず加藤さんから教えてください。

加藤:ここ1年ほど、CMを主軸としたプロモーションから、店頭とデジタルが連動したプロモーションを設計するようになりました。例えばCMの発表会を行う場合も、前後でデジタルの施策ができないか考えています。最近では、デジタルの施策がメインになるブランドもあるくらいです。

押久保:ありがとうございます。阿座上さんはいかがですか?

阿座上:例えばリリースを出すと、顧客やメディアが取り上げることをきっかけに、ソーシャルメディアで拡散されます。そして、テレビのリサーチャーがその盛り上がりをすぐさま察知し、テレビ番組で放送する。その結果として店頭に行列ができ、またテレビで放送され、視聴者がソーシャルメディアで発信する。つまり、マスメディアとデジタルメディアによる相乗効果が生まれているため、デジタルメディアも欠けてはいけない存在になっています。

押久保:なるほど。その相乗効果というのは、近年感じることでしょうか?

阿座上:そうですね。リサーチャーの方から、Twitterなどのソーシャルメディアで話題になっていないとTV番組でも取り上げにくいと聞いています。当社としても、ソーシャルメディアで話題化してもらうのは課題となっていますね。

押久保:このあたりの課題は、岩田さんもクライアントから聞くことはありますか?

岩田:クライアントの声としても多いです。今は一つの施策だけで効果が上がる時代ではないため、複数の施策を融合して、有機的にコミュニケーションをとる必要があります。ただ、「複数施策をどのように評価して、PDCAを回していくべきなのか」という声も多いので、この課題も合わせて解決していかなければなりません。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
アプリ導入で事業課題を解決

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZine Day 2015 OSAKA連載記事一覧
この記事の著者

東城 ノエル(トウジョウ ノエル)

フリーランスエディター・ライター 出版社での雑誌編集を経て、大手化粧品メーカーで編集ライター&ECサイト立ち上げなどを経験して独立。現在は、Webや雑誌を中心に執筆中。美容、旅行、アート、女性の働き方、子育て関連も守備範囲。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/12/22 08:00 https://markezine.jp/article/detail/23571

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング