SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

プライスウォーターハウスクーパースとIIJ、ビッグデータ分野で協業

 プライスウォーターハウスクーパース(以下、PwC)とインターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は、ビッグデータ分野での事業拡大を目的に、戦略的協業体制を構築することを発表した。

 同協業のもと、IIJはクラウドプラットフォーム「IIJ GIO(ジオ)サービス」上で、ビッグデータ活用に必要なツールを兼ね備えたシステム基盤を提供。これにより、最適なシステム環境の診断から設計・構築、運用・保守までをワンストップで行う。PwCは、データ分析、お組織・体制構築の支援などを含めたコンサルティングを行う。

 また12月16日より、製造業、小売・サービス業など、特にビッグデータ活用のニーズが大きい業界をターゲットとして、本格導入前にデータ活用の可能性を検証するソリューション「Analytics on-boarding Support Service on IIJ GIO(AoSS)」の提供を開始。検証開始前の相談、要件定義からトライアル環境でのサンプルデータ分析、検証結果による効果的なデータ活用の提案までを最短1.5か月で実施する。

【関連記事】
ヤフー、11分野のビッグデータ研究を推進すべく博士やポスドク採用枠を新設
ビッグデータ解析のUBIC、マーケティング事業に特化した子会社を設立
DNPとIBM、ビッグデータ分析基盤の構築でより高度なマーケティング活動を実現
統計数理研究所×SAS、ビッグデータ分析の研究基盤「ビッグデータ イノベーションラボ」設立
意外に低い?ビッグデータの分析・活用に取り組む企業は3分の1程度【IMJ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング