SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

SSP「YIELD ONE」、広告枠の視認の自動判定を可能に~日経電子版で採用

 プラットフォーム・ワン(以下、P1)のSSP「YIELD ONE」は、広告枠が可視領域にあるかを自動判定し広告表示を行う、視認性を高めた広告配信への対応を開始した。同広告配信は、オンライン広告の表示状態を検出し、YIELD ONEを通じて、同じページ内でも広告枠が表示されるごとに新たな広告の配信を行う。

 これまでRTBによる広告配信では、ウェブページが1回表示されるごとに課金がされてきた。しかし同システムを導入することで、同一ページ内の広告枠でも広告枠が表示されるごとに課金が行われる。これにより媒体社同じページ内でも新たな広告が表示されるたびに広告収入をあげることができる。

 今回の仕組みは日本経済新聞の電子版でも採用されており、ページ下部に広告枠を新設しP1のプライベートマーケットプレイスにて販売を開始した。これまでページ下部の広告枠は視認性の低さから販売方法が限られてしまう傾向があった。同取組みによって高い視認性を確保することで、収益化を実現し始めている。

【関連記事】
SSP「fluct」、人工知能搭載の米国DSP「Rocket Fuel」と連携~媒体収益増加に寄与
KANADE DSP、SSP「CA ProFit-X」との接続を開始~ネイティブ広告枠の配信強化へ
インテージ、広告接触の関係を視覚化する「i-SSP」でタブレット端末のデータ収集開始
ジーニー、米Rocket Fuel社と国内SSP初のRTB取引を開始~広告単価の向上に期待高まる
2018年、SSP取引流通額は434億円規模に~スマホ向け広告が貢献【VOYAGE GROUP調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング