SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2015年、インフィード広告市場は前年対比2倍の768億円に【サイバーエージェント調査】

 サイバーエージェントは、シード・プランニングのデジタルインファクトと共同で、国内インフィード広告の市場動向調査を行った。

2015年のインフィード広告市場は対前年比2倍に成長

 2015年のインフィード広告市場は、スマートフォン広告向けの新しい広告フォーマットとして急速な需要拡大が見られ、対前年比2倍の768億円に到達した。そのうちスマートフォン比率は全体の約93%となった。今後、2020年の市場規模は2015年比300%超の2,478億円に到達すると両社は予測している。

 また、プロモーションの目的別に見たところ、Webプロモーション目的は76%、アプリプロモーション目的は24%の割合になった。

クリックで拡大

インフィード広告、配信の7割はソーシャルメディアへ

 両社は2015年、インフィード広告市場における広告配信先の7割はソーシャルメディアが占めると予想している。今後は、現在も多様化が進むニュース・キュレーションアプリ・ポータル系といったソーシャルメディア以外への広告配信比率も高まり、2020年には、過半数の54%を占めると予測している。

クリックで拡大

インフィード広告枠内の動画が今後盛んに

 インフィード広告のフォーマットとして動画の利用が広告主からの注目を集めており、その導入はソーシャルメディアを中心に進んでいる。今後、動画フォーマットの利用は、需要の拡大にともないソーシャルメディア以外への配信が伸び、2020年には市場全体の約25%となり、4分の1のシェアを占めると予想する。

クリックで拡大

【調査概要】
調査主体:株式会社サイバーエージェント
調査時期:2015年10月から2015年11月
調査方法:動画広告市場関係者へのヒアリング、調査主体ならびに調査機関が
     保有するデータ、公開情報の収集
調査対象:インフィード広告
調査機関:株式会社シード・プランニング デジタルインファクト

【関連記事】
サイバーエージェント、インフィード広告特化型のクリエイティブ運用プラットフォームを開発
フリークアウトのDSP、大幅アップデートへ~プレミアム広告枠やインフィード広告への配信を実現
2015年、動画広告市場は500億円規模へ~昨年対比約160%【サイバーエージェント調査】
サイバーエージェント、データの組み合わせに強みを持つDSP「BitBlend」をリリース
リクルート×サイバーエージェント、新規事業創出プロジェクト「FUSION」始動

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/02/10 11:00 https://markezine.jp/article/detail/23889

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング