SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アイスタイル、小売店支援事業を開始 ~第一弾は新規・見込み客のO2O支援サービス

 化粧品・美容の総合サイト「@cosme」を運営するアイスタイルは、小売店支援事業を開始し、第1弾としてO2O支援サービス「@cosmeお店ガイド」をローンチした。

 同サービスは、月間訪問者が1,300万人の同サイト上で、商品情報や口コミを閲覧しているユーザーに対し「そのブランドや商品がどこで購入できるか」を紹介するもの。これにより、店舗は商品情報などを検索・閲覧して購入意向が高いものの、購入店舗が決まっていない新規・見込み顧客の獲得、関係構築が行える。

 一方、ユーザーは同サイトの商品ページでクチコミをチェックする際に、ページ内にある「店舗検索」をクリックすると、その商品を販売している店舗の一覧を閲覧できる。そのため、「欲しいと思ったブランドや商品がどこで購入できるか」が分かる。

 サービス開始時点では、ドラッグストアや化粧品専門店など約4万5,000店舗の情報を掲載(2016年3月現在)しており、加えて複数のドラッグストアチェーン、バラエティショップ、百貨店、化粧品専門店の加盟も決定。同社は今後順次掲載店舗の拡大を予定している。

【関連記事】
電通、位置と嗜好に応じた情報配信でスマホユーザーを実店舗へ送客
大広、NTT西日本ら3社、O2Oマーケティングツールを開発
アイリッジ、NTTドコモ子会社とO2O分野で提携~NTTドコモグループのO2Oビジネス推進支援も
@cosme、2016年度中のビジネス領域拡張を発表
@cosme運営のアイスタイル、美容専門のPR会社メディア・グローブを子会社化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/03/15 08:30 https://markezine.jp/article/detail/24090

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング