SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂、ぬいぐるみを おしゃべりにするボタン型デバイス「Pechat」を開発

 博報堂のプロダクト・イノベーション・チーム「monom(モノム)」は、第三弾の自主開発プロダクトとして、すべてのぬいぐるみをおしゃべりにするボタン型おしゃべりスピーカー「Pechat(ペチャット)」を開発した。

 Pechatは、親子のための新しいコミュニケーションツールであり、育児を楽しくアシストする次世代玩具。Pechatをぬいぐるみに取り付け、専用のスマホアプリを操作することで、ぬいぐるみがあたかもしゃべっているように感じさせることができる。

 具体的にはアプリを使って、次の4つの方法で、ぬいぐるみをしゃべらせることができる。

  1. 声でおしゃべり(Voice Chat):ユーザーが吹き込んだ声をかわいい声に変換してしゃべらせる
  2. 文字でおしゃべり(Text Chat):打ち込んだテキストを、高品質音声合成エンジンによってかわいく読み上げる
  3. 選んでおしゃべり(Tap Chat):ユーザーがあらかじめ録音しておいたセリフや歌、物語などを選んで再生する
  4. 自動でおしゃべり(Auto Chat):子どもが話す声に反応して、自動であいづちやおうむ返す

【関連記事】
博報堂、モノ×テクノロジーで未来動かすプロジェクト「monom」発足
スパイスボックス、インターネット×モノで新しい体験をつくる会社「WHITE」を設立
博報堂、新プロジェクト「HUX(HAKUHODO UX & Service Design)」開始
TBWA HAKUHODO QUANTUMとグッドパッチ、 IoT 事業開発支援プログラムを開始
被れば誰でも面白くなれる!? スパイスボックス、よしもとと共同でカツラ型IoTデバイス開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/03/14 20:41 https://markezine.jp/article/detail/24093

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング