SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

UNCOVER TRUTH、Webサイトの「週次報告と改善提案を3ページで提供」する新サービス開始

 UI/UX解析ツール「USERDIVE」を提供するUNCOVER TRUTHは、同ツールの導入企業を対象に、Webサイトの全体像と詳細な分析データを3ページの資料にまとめて、毎週報告と改善提案をする新サービス「3 Way Report」の提供を開始した。2016年度内に30件の導入を目指す。

「3 Way Report」イメージ
「3 Way Report」イメージ

 近年、WebページごとにABテストツールを活用し、スピーディなWebサイト改善を目指す企業が増えつつある。一方で、そのような企業では、仮説を細分化しているため、改善の報告については50ページ程度の資料を用いることが主流だ。そのため、スピード感の欠如や、意思決定につなりにくいなどの課題を抱く企業も少なくない。

 この状況を受け、同社では「Webサイト全体のKPI」「ユーザーの離脱ページがわかるファネル」「施策の効果を可視化したヒートマップ」を計3ページにまとめて報告と改善提案をする「3 Way Report」の提供を開始した。

 これにより、顧客企業がWebサイト改善の意思決定をこれまで以上にスピーディに行うことを支援する。なお、この新サービスは、UNCOVER TRUTH CAO(チーフ・アナリティクス・オフィサー)である小川卓氏が監修を務めている。

【関連記事】
Facebook、シェア状況を可視化するツールを提供へ コンテンツの改善に寄与
幻冬舎運営メディア「幻冬舎plus」、Flipdesk導入で会員登録率180%改善を実現
Kaizen Platform、グロースハックパートナープログラムを提供開始
AIが自動で改善レポートを作成~ メタップス、「SPIKEオートメーション」に新機能追加
UNCOVER TRUTHとKaizen Platform、Web改善ワンストップサービスの提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/05/18 08:30 https://markezine.jp/article/detail/24426

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング