SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マルケト、未来のマーケターを支援する社会貢献プログラムを発表

 マルケトは、経済的に厳しい大学生を将来のキャリアまで、継続的に支援する「Marketo Engagedプログラム」を発表した。これは、未来のマーケターを支援する社会貢献プログラムで、具体的には次の5つから構成される。

  1. Marketo Engaged Scholar:奨学金やアカデミックプログラムなどを通じて、移民第1世代の大学生の中等後教育を支援する。プログラムを立ち上げにあたり、非営利団体College Trackと提携。College Track奨学生に対してインターンシップや専門的能力の開発プログラムを受ける機会を提供する。
  2. Marketo Engaged Together:世界各国の従業員が、経済的に厳しい学生の学びを継続的に支援するため、オンラインボランティア活動に参加する。活動には、1対1のメンタリングや個別指導、ボランティアイベントなどがある。既に2015年には同社従業員が約1,700時間の無償活動を行っている。
  3. Marketo Engaged Academy:マーケティングやコーディング、履歴書作成や面接対策に対応する技術習得カリキュラムを全年齢の学生に提供する。
  4. Marketo Engaged Intern:2016年夏に開始するプログラム。経済的に厳しい高校生を同社に受け入れ、キャリアを中心に考えた独自の学習体験を提供する。
  5. Marketo Engaged Product Sponsorship:教育などの分野の非営利団体へソフトウェアを提供する。

【関連記事】
マルケト、インティメート・マージャーのDMPと連携、オーディエンスデータ×顧客DBで精度向上
IBSとマルケトが人材育成プログラムを共同開発、「Marketo運用定着支援サービス」開始
「Marketo」と 「どこどこJP」が連携 IPアドレスもとにBtoBコミュニケーションを最適化
マルケトとワンダーマンがパートナーシップを締結、インサイトドリブンなエンゲージメントを提供
マルケトとNexmoが提携、LINE等チャットアプリ・ユーザーとのエンゲージが可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング