SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

「今後のマーケティングの本流にしたい」THECOOが目指すインフルエンサーマーケティングの形

 動画や写真などのリッチコンテンツを扱うSNSが浸透し、情報を発信していたクリエイターが注目を集めるようになり、企業が彼らを起用したインフルエンサーマーケティングに取り組む例が増えている。それを反映するように、YouTuberと企業を繋ぐマッチングサービス「iCON CAST」の登録YouTuberと利用企業数は右肩上がりに伸長している。そこで今回、同サービスを運営するTHECOOに最新のインフルエンサーマーケティング動向とそこで得られる効果を取材した。

企業とインフルエンサーをつなげる「iCON CAST」

MarkeZine編集部(以下、MZ):ブログが浸透したころから、オンラインマーケティングのひとつとして、著名ブロガーの協力を得たインフルエンサーマーケティングの手法が広がり始めました。ただ、最近ではYouTuberを筆頭に、動画を主戦場とするインフルエンサーを起用するケースが出始めています。

 今回お話をうかがうTHECOOは、YouTuberと企業を繋ぐマッチングサービス「iCON CAST」を企画・運営されています。まず、代表の平良さんのご経歴を教えていただけますか?

THECOO株式会社 代表取締役CEO 平良 真人氏

平良:複数の企業でマーケティングやビジネス開発にかかわった後、2007年からGoogleに在籍し、パブリッシャーやメディアに対するパートナーシップや、中小企業向けの広告営業部門の立ち上げと責任者を務めていました。2014年1月に起業し、翌年にYouTuber と企業を繋ぐ「iCON CAST」をリリースしました。

MZ:現在「iCON CAST」はどの程度の規模になっているのですか?

平良:YouTuberの登録者数はサービス開始1年で2,300人以上に増加しています。企業に関しても、幅広い業界で600社以上に活用いただいています。現状ではゲーム業界が多いですが、九州観光推進機構さんの提供で「九州の世界遺産」の現地レポートを行ったコンテンツ(動画はこちら)や、世界最大のビューティーブランド「ロレアル パリ」とのタイアップによって若い女性から強い支持を受けるYouTuberを複数名同時起用した年間プロモーションなどの事例も出てきています(動画はジャルダンサマーコレクションを使用したメイクチュートリアル)。

    

動画が“顔出し”促進、親密感を高める要因に

MZ:では、最近のインフルエンサーマーケティングの動向についてお聞かせいただけますか?

平良:冒頭でお話しいただいたように、10年以上前からブロガーマーケティングが行われているので、手法としては新しいものではありません。それでも、最近改めてこの手法が注目を集めているのは、表現方法がリッチになり、ユーザーとの親密度が増したからだと考えています。

 その大きな要因は“顔出し”です。ブロガーを起用したインフルエンサーマーケティングも健在ですが、テキストと写真が中心のブログでは、顔出しをしている人が多いわけではありません。ですが、YouTubeで独自のチャンネルを持ち、自分の個性や強みを活かして動画コンテンツを制作し配信するYouTuberは、顔出しをしているのが基本です。それがユーザーの親近感を醸成しています。

MZ:一般的な動画広告だと、すぐスキップされてしまうのではといった懸念もありますが、そのあたりは問題ないのでしょうか?

平良:そうですね。むしろYouTuberがコンテンツとして発信する動画は驚くほど視聴時間が長く、5分や8分の動画も普通に見られているので、その趣味やテーマの文脈に則っている限り、企業のタイアップ動画だからといって極端に離反することはないですね。

次のページ
あるゲーム会社のYouTuberプロモーションに手応え

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング