SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

企業で進むオウンドメディア活用/消費者の求める情報と企業の工夫にギャップ【電通PR調査】

 電通PR内の研究組織である企業広報戦略研究所は、日本における企業の広報活動の実態や課題を探ることを目的とした「第2回企業広報力調査」を、2016年2月から4月、上場企業3,664社の広報担当責任者を対象に行うとともに、生活者がどのような企業に魅力を感じるかを探る「第1回企業魅力度調査」を3月に、10,000人の生活者を対象に行った。

 同社は第2回企業広報力調査と第1回企業魅力度調査から、ウェブサイト・ソーシャルメディアに関する情報を今回発信した。

オウンドメディア、ソーシャルメディアの活用拡大

 2014年に行われた「第1回企業広報力調査」と2016年に行われた「第2回企業広報力調査」を比較したところ、自社ウェブメディア(+9.5)やソーシャルメディア(+7.5)などに取り組む企業が増加していることがわかった。

企業は動画コンテンツの拡充に注力

 「第2回企業広報力調査」で「ウェブサイトのコンテンツ制作においては、どのような工夫をされていますか?」と質問したところ、ウェブサイトを運営している519の企業から回答が得られた。その結果、「動画コンテンツを掲載する」と答えた企業が最も多く、全体の40.3%にのぼった。

生活者はストーリー性と客観的な情報を期待

 一方、10,000人の生活者を対象にした「第1回企業魅力度調査」で「企業のウェブサイトに訪れた際に、詳しくサイトを見てみたいと思わせる要素」をたずねたところ、最も多く回答されたのは「開発秘話・背景などストーリー性があるコンテンツが掲載されている」で39.3%、次いで「調査データなどの客観的な情報が掲載されている」で36.2%となった。

 また、「第2回企業広報力調査」で企業の工夫として1位だった動画コンテンツの掲載については14.5%にとどまった。

【調査概要】
《第2回企業広報力調査》
調査期間:2016年2月24日~4月8日
調査対象:『会社四季報 2016年』掲載時点の東証一部・二部、東証マザーズ、ジャスダック、
札証、名証、福証に株式上場している企業(3,664社)  cf.前回2014年調査:3,503社
有効回答サンプル数: 533件(回収率14.5%)
調査方法:郵送・訪問留置調査
調査主体:企業広報戦略研究所(電通PR内)

《第1回企業魅力度調査》
調査対象:全国の20~69歳の男女計10,000人
調査方法:インターネット
調査期間:2016年3月24日~3月29日
調査主体:企業広報戦略研究所(電通PR内)

【関連記事】
業種別広報力ランキング「電力・ガス」1位に/今後は広報戦略に注力【電通PR調査】
企業の魅力感じることできるメディア1位は「テレビ」/3位には企業のウェブサイト【電通PR調査】
60秒動画で配信者の魅力伝える〜ライブ配信アプリ「takusuta」、ハイライト機能を追加
Facebook、ブランドや製品の魅力をフルスクリーンで伝える「キャンバス広告」提供
JR東海、沿線地域の魅力を発信するサイト「いいもの探訪」を立ち上げ〜将来的にはEC化も

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/06/23 10:00 https://markezine.jp/article/detail/24648

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング