SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通等、データアナリティクス領域の国内グループ横断組織「D2D Japan」を設置

 電通および電通デジタルは、データアナリティクス領域のグローバル対応に向け、電通の海外本社・電通イージス・ネットワークの協力のもと、国内グループ横断組織「Data2Decisions Japan」(略称:D2D Japan)を7月8日付で設置した。

 同時に、Data2Decisionsの強みであるマーケティング活動の測定・改善サービスを国内にも導入し、検索行動やホームページへのアクセス、ソーシャルメディア上での拡散など、売り上げに影響を及ぼす多様なファクターのインタラクションを明らかにすることで、より効率的なマーケティング戦略につなげる「エコシステムモデリング」の提供をする。

エコシステムモデリングの概念図(例)
エコシステムモデリングの概念図(例)

 また、複雑に絡み合う各マーケティング施策単位の売り上げ貢献度の解明を通じ、販売予測を可視化したり、最適なマーケティング予算を予測したりするクラウドサービス、MEP(Marketing Effectiveness Platform)の構築などさまざまな新しいソリューションの提供も行っていく予定。

 「Data2Decisions Japan」の背景には、企業活動のあらゆる分野でのグローバル化により、日本においてもグローバルレベルでのデータマーケティングに対する関心が高まってきたことがある。大手企業を中心にマーケティングROIを経営指標として活用するケースが増加する状況に対し、電通グループはData2Decisions Japanを設置することにより、顧客企業のグローバルなマーケティング投資に一貫性を持って対応していける体制を整備する。

【関連記事】
電通デジタル、ついに営業開始~拡大中の市場における需要を取り込めるか
電通デジタル、MarketoとLINEビジネスコネクト連携したソリューションを自社開発
8号巻頭:動き出した電通デジタル~CEO 大山氏に聞く 
産学連携から産学協創へ、日立と東大大学「日立東大ラボ」を設置
サイバーエージェント、6つの地域に海外拠点を開設

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/07/11 11:00 https://markezine.jp/article/detail/24773

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング