SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

デジタルマーケティングプラットフォーム「Microsoft Azure」の魅力とは?(PR)

Azure MLで手軽&お得に!DATUM STUDIOが展開する機械学習

 ビッグデータや機械学習、AIなどの領域で事業展開するDATUM STUDIO。ニーズの大きい分野で、短期間に急拡大するビジネスを支えているのが、マイクロソフトの機械学習サービス「Azure Machine Learning」だ。その活用方法を、案件事例とともに同社の取締役副社長 里洋平氏と CTO 安部晃生氏に伺った。

データビジネスの時流に乗り急成長

 DATUM STUDIO(デイタム スタジオ)は、データをビジネスに活かしたいというクライアントに対して、データ分析基盤の構築から分析に関するコンサルティングまで、様々な支援を行う企業だ。2014年8月の創業から3期目を迎える今、社員数は約50名と急成長を遂げている。

(右)DATUM STUDIO株式会社 取締役副社長 里洋平氏
(左)同社 CTO 安部晃生氏

 里氏は、ヤフーでウェブエンジニアとしてキャリアをスタートさせ、DeNAに転職してデータマイニングに従事。さらにドリコムに移りソーシャルゲームの分析などを担当した後、DATUM STUDIOの立ち上げに参画した。ウェブサービスのデータベース構築やアルゴリズムの構築はもちろん、テレビCMの効果分析などシステム側だけでなくマーケティングの視点での業務経験も豊富だ。

 安部氏は医療系の研究所出身でゲノムサイエンス分野の研究をしており、その後IT系のコンサル会社を経て、現職に就いている。

 もともと同社は、データ分析やレポーティング、提案などのコンサルティングを行っていた。しかし最近ではクライアントの要望の幅が広がり、予測モデル作成、ミドルユーザーをヘビーユーザーに育成するためのパターンマイニングなども行っている。

買い取り価格適正化から映画のレビューまで多様な事例

 ではDATUM STUDIOがクライアントに対しどういったソリューションを提供しているのか。3つの事例を紹介したい。

1.買い取り価格適正化サービス

 オークションなど不要なものを欲しい人に売る取引において、販売側・購入側・中間業者の皆が知りたいのが適正価格だ。同社ではこの適正価格を導き出すサービスを実現しようとしている。例えば中古車であれば、車種や走行距離、経過年数などの様々なデータから、分析をかけるための構造化データに変換する。その後、マイクロソフトが提供する機械学習サービス「Azure Machine Learning」(以下、Azure ML)を使った分析を行う。これにより、適正価格を導くというのだが、その精度を上げるには「クライアントとのコミュニケーションが重要だ」と安部氏は語る。

 「データベースに入っている“車の色”の情報を蓄積するだけでは精度は上がりません。例えば“薄い色はキズが目立つから、中古車ではあまり値段が上がらない”などというお客様が感覚的に知っている情報がキーになります。そのため、お客様としっかりお話をして、情報を得たら細かく取り入れていくことが大切ですね」(安部氏)

2.大手マーケティング会社のデータ分析基盤

 様々なデータソースや企業から取得したデータを統合し、分析レポートを出すといったビジネスを行うクライアントがいる。これまで同クライアントでは、多種多様なデータを統合する部分を人力で行っていたが、データの統合とレポート作成を機械学習で行えないのかという依頼がDATUM STUDIOに来た。その依頼に対し、同社はAzure MLを活用したデータ分析基盤を提案した。

 「このケースの場合、機械学習をクライアント自身が使い分析結果を導き出したいというニーズでした。Azure MLはとても扱いやすいので、データ分析基盤の構築から活用プロセスを当社が設計し、その中でクライアントの行いたい分析をしていただきました」(里氏)

3.映画評判分析Webアプリ

 最後は映画配給会社からの依頼だ。依頼の内容は、Web上に散らばっている映画や俳優の評判に関するレビューをデータとして蓄積し、ある条件で映画を作った場合売れるのかを予測したり、類似作品が過去どれくらい売れたかなどの情報を出したりできる。Azure MLは予測や情報のレコメンドに一役買っている。分析に必要なレビューは映画のレビューサイトなどをクロールし取得しており、自社データだけではできないことも公開されているデータを活用することで可能にした。

記事で紹介できなかった顧客事例を資料にて配布中!

 今回取材したDATUM STUDIOのクライアント事例が多く掲載された資料が現在公開されています。DMの最適化や顧客セグメントの作成など、記事で語られていないデータ活用・機械学習に関する事例が多く紹介されているので、ぜひ記事と合わせて読むことをおすすめします! 詳細はこちら

次のページ
Azure MLの活用が進む3つの理由

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
デジタルマーケティングプラットフォーム「Microsoft Azure」の魅力とは?連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

東城 ノエル(トウジョウ ノエル)

フリーランスエディター・ライター 出版社での雑誌編集を経て、大手化粧品メーカーで編集ライター&ECサイト立ち上げなどを経験して独立。現在は、Webや雑誌を中心に執筆中。美容、旅行、アート、女性の働き方、子育て関連も守備範囲。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング