MarkeZine(マーケジン)

記事種別

博報堂アイ・スタジオが語る、AI×クリエイティブ発想で生み出す新体験とは

2016/09/30 12:00

 クライアントワークと研究開発の中で、AIを駆使した新しいクリエイティブを発表し続ける博報堂アイ・スタジオ。デジタル領域のクリエイティブ制作に強みを持つ同社は、現在どのような試みを行っているのか、同社 常務執行役員 テクノロジーソリューション本部 本部長 佐々木学氏とクリエイティブテクノロジー部 部長 北島知司氏に取材した。

50を越える職種でクライアントニーズに対応

 博報堂アイ・スタジオは、博報堂DYグループのデジタル領域の企画制作に携わっている。2000年設立当時の社員数は10名ほどで、キャンペーンサイトやコーポレートサイト制作を行っていたが、17期目の現在は300名以上。領域もWebの制作に留まらず、リアルな場を含めたマルチタッチポイントでのデジタルコミュニケーション構築など多岐にわたっている。

 今回のインタビュイーである佐々木氏は、同社のテクノロジーソリューション本部と自社事業本部に所属。そしてもう一人のインタビュイー、北島氏もテクノロジーソリューション本部に所属しており、同部は制作領域で受託プロモーションのためのテクノロジーを司っている。

(左)株式会社博報堂アイ・スタジオ 常務執行役員 テクノロジーソリューション本部 本部長 佐々木学氏
(右)クリエイティブテクノロジー部 部長 北島知司氏

 エンジニアリングに関しても、サイト制作やアプリ開発をはじめとしたフロントエンドから、サーバ―などのバックエンドまで幅広くカバーしている。特に、フロントエンド領域では高度な技術を活用するインタラクティブデザインチームや、アプリなどを担当するアドバンストテクノロジーチームなど特殊な部署がある。一方、自社事業本部は新ビジネス創出に取り組んでおり、研究開発組織であるフューチャークリエイトラボを設置している。

 さらに、同社はエンジニアのみならず、様々なプロデューサーやディレクター、デザイナーなどの各種スペシャリストも在籍し、クライアントに対してプロデュースから制作までをワンストップで受ける体制を持つほか、データを使ってクライアントのビジネスを伸ばす部署もある。また、グローバルビジネスセンターでは、ASEANを中心にボーダレスな事業展開を進めている。

 「当社には50を超える職種が存在しますが、その中から案件に応じて柔軟にチームを組みます。例えば、大規模なコーポレートサイトを作る場合と、広告賞を狙った先進的な企画を考える場合では、メンバーを大きく変える必要があります。クリエイターもエンジニアも職種を細分化していくことで、様々な企業のニーズをくみ取りやすくなるという強みがあります」(佐々木氏)

AI研究の取り組みの一環として、Microsoft Azureを導入

 そんな多くのスペシャリストを有し、様々な領域のプロモーションに対応する博報堂アイ・スタジオが、昨今注力しているのがAIの活用だ。2013年頃からAIに注目し、フューチャークリエイトラボで研究開発を開始している。また1、2年前からクライアントの案件でもディープラーニングを取り入れた事例も増えている。

 今年8月には「Creative AI 研究所」という専門組織を新設し、AIを活用しより直観的で人の感性に響くデジタルプロモーション、デジタルコンテンツ制作を目指し日々研究開発を行っている。

 「今、確かにAIは注目されていますが、実際の活用事例を見ると、問い合わせ対応の自動化など、何かしらの作業を効率化するものが多い。当社はそれだけではなく、AIの技術にクリエイティブ発想を掛け合せて、企業のブランディングに繋がる事例を作っていきたいと考えています」(佐々木氏)

 また、同社は研究開発に注力するために日本マイクロソフト(以下、マイクロソフト)との協業を発表した。協業内容としては、マイクロソフトが人工知能機能を有したサービスをAPI経由で提供するMicrosoft Cognitive Servicesを活用したソリューションの開発・提供を行うと同時に、パブリッククラウド「Microsoft Azure(以下、Azure)」の提供をクライアントに進めるというものだ(詳しくはこちら)。

 AI技術を活用したソリューション開発のみならず、パブリッククラウドを提供する理由について、佐々木氏はこう語る。

 「得意先の要望は多岐にわたります。プライベートクラウドだけでは実現することが難しいこともあります。パブリッククラウドなら、様々な要望に応えられるような選択肢を増やし、更に最適なソリューションを提供できると思います。加えて、既存のAPI群が安価に利用でき、セキュリティなどの対策も徹底できることもパブリッククラウドの利点だと思います」(佐々木氏)

 さらに、博報堂アイ・スタジオの強みが企画制作、クリエイティブ領域であることも今回の協業開始の一因となったという。生活者に届けるクリエイティブ領域では当然、新しい技術や表現、体験を生み出さなければならない。そのためには、技術のトレンドに常に追いついている必要があるのだ。

 「例えば人工知能だったら、その様々な技術の中で、新しい驚きや体験を提供するために何を使えばいいかという観点で考えています。マイクロソフトさんのコグニティブサービスを活用することで、新たな体験の企画とクリエイティブ開発、そして実装に集中できます」(北島氏)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5