MarkeZine(マーケジン)

記事種別

オンラインショッピングに関する調査~購買の際に参考にするのは「ネット」と「テレビ」

2008/01/22 10:30

Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社の株式会社ボーダーズ と共同調査のもと、オンラインショッピングに関する調査を行った。(バックナンバーはこちらから!)

 Webマーケティングガイドでは、市場規模が拡大傾向にあるオンラインショッピングについて、ユーザーの購買行動や利用意識を明らかにしていく。今回は、PCとモバイルにおけるオンラインショッピングの利用頻度、購買時に参考にするメディアの男女別におけるユーザーの利用傾向を調査した。

 【調査結果トピック】
・男女とも、ほぼ同頻度でPC・モバイルのオンラインショッピングを利用している
・商品に興味を持つメディアとして、男性ではインターネット(PC)が78.1%、女性ではテレビが79.4%

 【調査概要】
サンプル数  :500
調査期間   :2007年11月09日~2007年11月13日
調査方法   :インターネットリサーチ
調査機関   :株式会社ボーダーズ
対象者      :16歳~59歳までの男女
割付       :男女50%の均等割付

PCのオンラインショッピングは男女ともに月1回

 Q1‐1でどの位の頻度でPCのオンラインショッピングを利用しているか尋ねたところ、男女共に「月に1回程度」が最も多い結果になった。

 男女別に見た場合、男女で大きな違いは見られなかったが、女性で月1回以上購入しているユーザーは64.8%、男性で月1回以上購入しているユーザーは61.2%おり、やや女性の方がオンラインショッピングにアクティブであると考えられる。

 しかし、男性・女性双方のユーザーの結果に大きな違いはないことから、男性ユーザーも日常的にオンラインショッピングを利用していると言えるのではないだろうか。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5