SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂アイ・スタジオ、日本マイクロソフトのAI・機械学習を活用したコグニティブサービスの提供を開始

 博報堂アイ・スタジオ内で人工知能(以下、AI)技術を活用したデジタルコミュニケーションの研究開発に取り組む「Creative AI研究所」は、日本マイクロソフトのMicrosoft Cognitive ServicesのAI・機械学習を活用したサービスの提供を開始する。それに伴い、CSP(クラウドソリューションプロバイダー)プログラムに参加し、2016年9月1日からMicrosoft Azureの提供も開始する。

 今回の取り組みでは、博報堂アイ・スタジオの強みである統合デジタルマーケティングと革新的なクリエイティブに、Microsoft Cognitive Servicesなどのクラウドテクノロジーを融合させ、生活者とのインタラクティブなマーケティングソリューションを開発、提供することで、クライアント企業のブランディングを支援する。

 今後博報堂アイ・スタジオは、画像認識・音声認識などからクライアントビジネスのブランディング、マーケティングに寄与するAIソリューションやテクノロジーを利用したユーザー参加型イベントソリューションなどを提供していく予定だ。

【関連記事】
Sitecore、Microsoftとの提携を強化~クラウドプラットフォーム活用したデジタル変革へ
ALBERT、人工知能・ディープラーニングのビジネス応用を支援するサービスを提供へ
博報堂アイ・スタジオ、人工知能技術の活用目指す「Creative AI 研究所」を新設
読売広告社、「酒場で育てる人工知能」の開発プロジェクトをAutomagiと開始
ブレインパッド、「機械学習/ディープラーニング活用サービス」提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング