SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

朝日広告社、VRコンテンツの企画サービスをスタート~第一弾はラグビーを疑似体験

 朝日広告社は、インターネット上で視聴・体感できる、VR(Virtual Reality)コンテンツの企画・プロモーションサービスの提供を開始した。

 2016年よりVRデバイスやプラットフォームが立て続けに登場し、誰でも簡単にVRを撮影・視聴できる環境が整いつつあり、現在、インターネット上では様々なVRコンテンツを視聴・体感することができる。

 一方、インターネット上で視聴・体験できるVRコンテンツの多くは、撮影した素材がそのまま公開されており、企画性のあるコンテンツはまだ少ない。

 そのため同社は、これまでの広告制作領域・デジタル領域におけるナレッジを活かし、VRコンテンツ・プロモーションの企画から実行までを実施し、コンテンツ・プロモーションの企画を支援するサービスを提供するに至った。

 また、第一弾として、ジェイ・スポーツによる“ジャパンラグビー トップリーグの放送認知の獲得”を目的としたVRコンテンツ「Real Rugby 360°」の企画制作を実施した。スクラムやタックルなど4つのシチュエーションの360度映像を公開し、肉体と肉体がぶつかり合うラグビーを疑似体験できるコンテンツとなっている。

【関連記事】
AOLプラットフォームズ・ジャパン、SSP「fluct」との連携開始〜月間50億impのリーチ拡大へ
約7割の親は、オンライン動画きっかけに子どもに何かを買っている【Viibar調査】
口コミも動画コンテンツに〜Hotels.com、動画レビューサービス「Roomovie」をリリース
ワタベウェディング、ハワイウェディングを360度体感できるVRを全国店舗に導入
トライバルメディアハウス、サマソニの「オーディオテクニカ」ブースのVR映像プロデュース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/09/01 08:30 https://markezine.jp/article/detail/25112

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング