SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

デジタルガレージ、ゲームアプリのリテンション支援開始~LINEビジネスコネクトとアプリ解析ツール活用

 デジタルガレージ(以下、DG)はAppsFlyerとの提携により、ユーザーの行動に応じたLINE上でのセグメント配信を可能とするゲームアプリ事業者のための、コミュニケーションプラットフォームサービス「CONNECT BAY for Game Apps(コネクトベイフォーゲームアップス)」の提供を開始する。

 CONNECT BAYはDGとクリエイティブホープが共同開発したコミュニケーションプラットフォームで、エンドユーザーを対象にソーシャルメディア上でセグメント別や個別に配信を行うことができる。LINEの企業向けAPI「LINE ビジネスコネクト」を利用しているため、LINE上でのエンドユーザーとのコミュニケーション施策をより効果的に行える。

 今回提供を開始する「CONNECT BAY for Game Apps」では、CONNECT BAYをAppsFlyerが提供するアプリ解析ツール(SDK)「AppsFlyer」と連携。ゲームアプリのユーザーの行動解析からセグメント生成、各セグメントに対して最適なLINE上でのメッセージの配信、配信の効果測定までの一括提供を実現した。同サービスの運用に関しては、DGが一貫して行う。

 同サービスを利用することでゲームアプリ事業者は、特定のユーザーとLINE上でコミュニケーションを取ることができる。さらに、世界トップシェアのアプリ解析ツールであるAppsFlyerが計測するゲームユーザーの行動データ(利用頻度や課金状況等)とLINEアカウントをID連携させることも可能になった。

 これにより、特定のユーザーへのLINE上のメッセージ配信とその効果測定が可能になり、獲得ユーザーへのリテンション効果が期待できる。

【関連記事】
デジタルガレージ、ココカラファインヘルスケアとの訪日観光客プロモーションを全国に展開
デジタルガレージ等3社、オープンイノベーション型の研究開発組織「DG Lab」設立
クレディセゾンとデジタルガレージ、プライベートDMP構築
デジタルガレージ、ココカラファインと協業でインバウンド消費促すサービス展開
購買行動データ活用しプロモ展開~デジタルガレージ、カスタマー・コミュニケーションズと提携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/09/30 12:00 https://markezine.jp/article/detail/25298

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング