SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

D2Cソリューションズ、社名を「D2C dot」に社名変更

 D2Cソリューションズは、2016年10月1日付で、社名を「株式会社D2C dot」(読み:ディーツーシー ドット、英語表記:D2C dot Inc.)に変更した。

 D2Cソリューションズは、D2Cの子会社として、デジタルソリューション事業を行う会社として設立され、広告主のデジタルを活用したキャンペーンの企画・運営や、Webサイトやアプリの開発・制作、動画配信事業などを行ってきた。今回の社名変更に伴い、D2C dotはデジタルソリューション事業専門の企業として、広告主の多種多様な課題にワンストップで解決するための事業を進める。

 なお、新社名の「D2C dot」の「dot」には、以下の意味が込められている
 ◆d=digital
 ◆o=oriented(方向性/志向/指向/重視)
 ◆t=tactics(戦略/戦術)
    translate(翻訳/解釈/表現しなおす/移し替える)
    transform(変える/変換/変形)
    task force(部隊)
    tribe(共通の文化/価値観をもつ集団)

【関連記事】
ベーシックのWebマーケティングツール「Homeup!」、サービス名変更「ferret One」へ
2016年、スマートフォン広告費は5,516億円と予測【D2Cインターネット広告市場規模推計調査】
「コードアワード2016」の受賞12作品が発表~スマホならではのものや、IoTが目立つ結果に
D2CとFringe81、スマホアプリを中心としたアドネットワークを共同構築
D2C Rのデータ基盤「ART DMP」、MAツール「Tapjoy」と提携~分析から運用の効率をUP

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/10/03 10:00 https://markezine.jp/article/detail/25318

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング