SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日本のモバイル売上比率、62%で世界1位【Criteo/2016年版ファッションフラッシュレポート】

 Criteoは、日本国内のファッション業界の売上トレンドに関する「2016年版ファッションフラッシュレポート」を発表した。同レポートは、ファッション業界のオンラインショッピングにおけるユーザーの来訪時期や利用デバイス、購入ファネルごとのユーザー行動など関する知見を提供するものになっている。

日本のモバイル売上比率は62%に

 日本のモバイル売上比率は世界で最も高く、62%にのぼっていることがわかった。また、ファッション業界のモバイル売上比率が50%を超える国は、日本、韓国(57%)、イギリス(55%)の3カ国のみだった。

オンラインで一番売上が上がるのは12月

 日本のファッション業界のオンライン店舗に訪れるユーザーが一番多い月を調べたところ、12月が最も多く、年間平均と比較して15%高いことが明らかになった。さらに、12月は年間を通して最も売上が上がる時期で、年間平均よりも13%売上が増加する。

アメリカよりモバイル経由の売上が多い日本

 日本とアメリカのモバイル経由売上を比較したところ、アメリカでは約6割がデスクトップ経由なのに対し、日本では6割以上がモバイル経由であることがわかった。

 くわえて、日本のユーザーがスマートフォンで買い物カゴに商品を入れ、購入に至る確率は米国と比較して1.8倍で、WEBサイトの訪問者数に対する、そのサイトでの商品購入者の割合(CVR)も同様に1.8倍高い。

【関連記事】
女性向けファッションメディアアプリ「TOPLOG」、Webページを開設
「LINE LIVE」、「109MEN’S」屋上にスタジオをオープン~渋谷に密着したコンテンツを配信
エアークローゼット、リアル店舗の展開強化へ~店舗型ファッションレンタル「Licie」の事業譲渡
マガシーク、三越・伊勢丹オンラインストアと在庫の共有を開始
ファッションアプリiQON、 機械学習導入1ヶ月でアイテム閲覧数が約4倍に向上

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング