SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

エキスパート集団「ベスト・イン・クラス パートナーズ」、新たに12社が参画~幅広い領域の対応目指す

 ベストインクラスプロデューサーズは、デジタル時代のマーケティング活動におけるエキスパート集団「ベスト・イン・クラス パートナーズ(以下、BICパートナーズ)」の参画パートナー企業を発足当初の11社から23社に拡大し再編成を行った。

 BICパートナーズは2014年4月にデジタルインテリジェンスにより発足されて以降、ベストインクラスプロデューサーズを幹事会社として、参画各社の連携によるクライアント支援業務を行ってきた。

 今回の再編では、オウンドメディア、アーンドメディア領域を中心に編成されていた発足時のネットワークに加え、コミュニケーション戦略やペイドメディア、CRM、データマネジメントなど幅広い領域に対応できるよう、12社の参画を決定した。

 BICパートナーズの支援スキームは、幹事会社であるベストインクラスプロデューサーズがプロジェクトの要件定義を行い、戦略、KPI、実行計画と求められるパートナー要件をRFP(Request For Proposal)として策定。その後、RFPの要件を満たすベストなパートナー企業の選定、チームビルディングを行い、支援を行っていく。

【関連記事】
CyberZの「F.O.X」、米ヤフーのモバイル向け広告ネットワークと連携~公式パートナーに認定
ヤフーとSizmekが戦略的提携~メディア×テクノロジーでデジタルマーケティング領域を強化
Instagram、フィードの写真から商品の情報獲得と購入をシームレスにするテスト運用を開始
BICPとSprocket、オムニチャネルに対応したデータドリブン型コミュニケーション事業で協業
オールアバウト、ネイティブ広告の態度変容効果を向上するサービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/11/15 09:00 https://markezine.jp/article/detail/25594

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング