SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

1日100本以上の音声ニュースが速報で届く! 朝日新聞の音声ニュースアプリ「アルキキ」が進化

 朝日新聞社の提供する音声ニュースアプリ「アルキキ」が、11月28日、バージョンアップした。新機能「アルキキ+(プラス)」が実装され、1日100本以上配信される音声ニュースを速報として聞くことや、配信されるニュース分野やニュースの本数を利用者の好みに合わせたカスタマイズができるようになった。

 「アルキキ」ではこれまで、1日に最大30本程度の音声ニュースを無料で提供してきたが、「もっとたくさんのニュースを聞きたい」、「聞くニュース分野を選びたい」という利用者の声に応え、配信システムを一新した。

 「アルキキ+」では、新着ニュースのほとんどを音声化し、文字ニュースの配信直後に速報として配信する。1日の配信数は100~150本になる予定。また「最新10本」のほか、「政治」「社会」など特に聞きたいニュースジャンルを選んで、本数や優先度を決めることもできる。なお、同機能は、各アプリストアでのアプリ内課金として有料(月額240円または、3カ月600円。初回30日間は無料)で提供される。

【関連記事】
日本経済新聞、購入型クラウドファンディングサービス「未来ショッピング」開始
伊藤忠商事など4社、クラウドファンディングサービス「MOTTAINAIもっと」を開始
ラグジュアリー系フリーマガジン「T JAPAN」がデジタル展開、タイアップ型ネイティブ広告も提供
クラウド名刺管理サービス「Sansan」が 日経会社プロフィル、日経WHO’S WHOと連携
朝日新聞社、動画コンテンツに重きを置いた分散型メディア「moovoo」を開設

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング