SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤマトシステム開発、「3Dプリント・配送サービス」を開始~羽田クロノゲートに3Dプリンター設置

 ヤマトシステム開発は、2月1日、羽田クロノゲートに「3Dプリントセンター」を開設。オーダーメイド製品や少量多品種生産が必要な事業者に、3Dプリンター用のデータ作成から造形、配送までをワンストップで提供する「3Dプリント・配送サービス」を開始する。まずは、オーダーメイドで少量多品種の製造が必要な治療用装具、医学模型市場から提供をスタートする。

 たとえば、治療用装具(義肢装具)について、石膏型を用いた装具製造から、3Dデータを用いる3Dプリントに変更した場合、製造時間を約1週間から約3日に短縮できるため、従来の半分の期間で患者に届けることができる。また、作成した3Dデータをクラウド上で保管することで、2回目以降の注文にも利用でき、製造時間の更なる短縮も期待できる。

3Dプリント・配送サービスのイメージ
3Dプリント・配送サービスのイメージ

 今後同社、治療用装具、医学模型市場だけにとどまらず、オーダーメイドが求められるメーカーの試作品製造などの分野にもサービスを展開する予定。また、諸外国への展開も視野に入れ、2025年度までに売上100億円を目指す。

【関連記事】
カブクとHonda、3Dプリントによる車両を共同製作~総工程を約2か月に大幅短縮
JTBとパナソニック、ヤマトホールディングス、訪日外国人向けサービスの実証実験を実施
DeNA×ヤマト運輸、自動運転を活用した次世代物流サービスの開発を目指し2017年3月から実験へ
ヤマト運輸、「LINE」で荷物の受け取り日時・場所の変更可能に
メルカリとヤマト運輸、集荷を開始~大きな荷物も「らくらくメルカリ便」で簡単に配送可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/01/30 08:00 https://markezine.jp/article/detail/25969

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング