MarkeZine(マーケジン)

記事種別

電通アイソバー、NetBaseと協業し自然言語処理によるSNS分析を活かしたコンサルティングを提供へ

2017/04/24 10:30

 電通アイソバーとNetBase Japanは協業し、自然言語処理の技術によるSNS分析を活用したコンサルティングサービスの提供を開始する。具体的には、電通アイソバーが培ってきたカスタマーアナリティクスのノウハウと、42カ国の言語に対する自然言語処理が可能なソーシャルリスニングツールであるNetBaseの機能を掛け合わせることで、グローバルかつリアルタイムなブランドの戦略構築・コミュニケーション設計を支援していく。

 NetBaseは自然言語処理技術を採用したソーシャルメディアの分析プラットフォーム。 リアルタイムに膨大なソーシャルメディアデータを分析し、性別・年齢・出身といったデモグラフィック情報や、ユーザーの感情・趣味関心・ライフスタイルまでを把握することができる。

 電通アイソバーのカスタマーアナリティクスのノウハウにより、現状のブランドや製品の理解のみならず、データからの仮説設定、 最適な顧客体験創出のためのストラテジープランニング、 顧客理解を目的としたデータ分析を行う際に、NetBaseの機能を活用することを目論んでいる。

【関連記事】
電通アイソバー、Adobe Campaignの顧客情報とLINEユーザーを連携するサービスリリース
電通アイソバー、デジタルコンテンツの客観的評価行う「THE SIGMA METHOD」を開発
電通アイソバー、Adobe Experience Managerの迅速な導入実現するサービスを提供
電通アイソバー、アンケート調査×Web解析データで顧客の態度・心理変容を分析
電通アイソバー、デマンドウェアと提携~コマースビジネス支援ソリューションの提供強化へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5